MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
オンラインショップはこちら

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

【TEAM BAHRAIN VICTORIOUS】ジロ・デ・イタリアにてアントニオ・ティベーリ選手がマリア・ビアンカを獲得

2024年のジロ・デ・イタリアは、イタリアの首都の通りを巡る集団スプリントで幕を閉じた。

フィニッシュラインは、古代ローマ皇帝の栄光を称えるローマの記念碑があるフォーリ・インペリアーリ通りで、日曜日には2人の新しい君主が戴冠された。
カエサル、アウグストゥス、ネルウァ、トラヤヌスの名前に、タデイ・ポガチャル(UAE)とチーム・バーレーン・ビクトリアスのアントニオ・ティベーリが加わった。
ポガチャルの9分56秒の差での総合優勝は1965年のヴィットーリオ・アドルニ以来の最高記録となった。またティベーリは、10年ぶりに「最優秀若手ライダー」賞を受賞したイタリア人となり、今世紀では3人目の受賞者となった。

Giro d’Italia 2024 – 107th Edition – 21st stage Roma – Roma 125 km -26/05/2024 – Colosseo – Tadej Pogacar (SLO – UAE Team Emirates) –Alberto Dainese (ITA – Tudor Pro Cycling Team) – Edoardo Zambanini (ITA – Bahrain – Victorious) – photo Ilario Biondi/SprintCyclingAgency©2024

「この気持ちは言葉では言い表せません」とアントニオは語りました。

「まるで夢のようです。地元でジロの白いジャージを着て総合5位という成績でここに来られたことは本当に素晴らしいことです。家族やファンの皆さんがここにいてくれて、自分が成し遂げたこととその意味を理解し始めたばかりのような気がします。とても感動的で、とても特別な瞬間です。」

バーレーンのリーダーは、第11ステージで白いジャージを獲得し、第15ステージでライバルに1分近く遅れをとったにもかかわらず、それ以来ずっとジャージを保持しています。モットリーノの登りでの彼の努力は、後に彼が自転車で経験した中で最も厳しい日だったと語ったように、「ジュールサン」で全力を尽くすことを示し、貴重な数秒でリードを維持することができました。その日から、彼は少しずつ、2位でフィニッシュしたティメン・アレンスマン(IGD)との差を広げました。

Giro d’Italia 2024 – 107th Edition – 21st stage Roma – Roma 125 km – 26/05/2024 – Giulio Pellizzari (ITA – VF Group – Bardiani CSF – Faizane’) – Jonathan Milan (ITA – Lidl – Trek) – Tadej Pogacar (SLO – UAE Team Emirates) – Antonio Tiberi (ITA – Bahrain – Victorious) – photo Luca Bettini/SprintCyclingAgency©2024

パフォーマンス マネージャーのウラジミール・ミホリェヴィッチは、バーレーンのライダーが2大会連続でジロでジャージを獲得したことを振り返り、「ジロ・デ・イタリアで白いジャージを獲得したことは、私たちが計画し、献身的に取り組んできたチームにとっての成果であり、非常に誇りに思っています。また、アントニオが将来何を成し遂げられるかを知る良い機会でもあります。そして、レース前に彼が契約延長にサインしたことは、私たちにとっても彼にとっても非常にエキサイティングなことです。私たちは彼をサポートし、彼が持つ才能を最大限に発揮できるよう手助けする準備ができています。」とコメントした。
勝利の基盤となったのは、2回の驚異的なタイムトライアルパフォーマンスで、アントニオはどちらも6位でフィニッシュしました。最初のステージ7は、ペルージャへの厳しい登りで終了し、その後、ステージ14の31.2 kmの平坦なステージが行​​われました。それに加えて、3週目には、ポガチャル以外では、リーダーグループの中で彼が最高の脚力と最も勇気があることを示し、最終的な2位との差は1 分42秒でした。」

ステージ2での最後の登りをパンクしたタイヤで走るアクシデントが無ければ、総合5位という素晴らしい成績はもっと良かったかもしれません。しかし、チーム内にはこの若者が成し遂げたことに誇りと喜びを感じており、彼がどんな能力を発揮できるかに期待しています。」

Giro d’Italia 2024 – 107th Edition – 21st stage Roma – Roma 125 km – 26/05/2024 – Antonio Tiberi (ITA – Bahrain – Victorious) – photo Luca Bettini/SprintCyclingAgency©2024

ロードキャプテンのダミアーノ・カルーゾは、3週間にわたってアントニオのルームメイトとして、またペダルをこぐたびに彼と一緒にいました。


「私はアントニオとほぼ 1 か月を共に過ごしましたが、今、彼の初めてのジロ デ イタリアでの素晴らしい成果の感動を分かち合えるのは素晴らしいことです。メディア、観客、そしてチームからのプレッシャーを彼がうまくコントロールしていたことに感銘を受けました。彼はプレッシャーを感じていたでしょう。しかし、それをうまくコントロールしていたことは注目に値します。また、彼は 3 週間を通して、特に最終ステージで、エネルギーをうまくコントロールしていました。彼が私のアドバイスに耳を傾け、すべてをコントロールし、結果を過度に心配していなかったことを嬉しく思います。彼は自分自身と自分の気持ちに集中することで、最終的に自分がふさわしい地位に到達しました。」

Giro d’Italia 2024 – 107th Edition – 21st stage Roma – Roma 125 km – 26/05/2024 – Bahrain – Victorious – photo Luca Bettini/SprintCyclingAgency©2024

トースタイン・トレーエンとフィル・バウハウスはクラッシュと病気で棄権を余儀なくされたが、イタリア人のエドアルド・ザンバニーニとアンドレア・パスクアロン、ヤシャ・ズッタリンとライナー・ケップリンガーがこの成功に大きく貢献し、全員がローマに到着した。
ティベーリ自身も、初めてのジロ・デ・イタリアでチームメイトに敬意を表した。「チームは信じられないほど素晴らしい。彼らは私の面倒を見てくれて、道中でサポートしてくれて、守ってくれて本当に良かった。レース以外でもとても良い雰囲気で、このチーム、この仲間たちと一緒にここにいられることを誇りに思う。彼らには感謝してもしきれないし、沿道やSNSなどあらゆるところで私を支えてくれたファンにも感謝している。正直に言うと、本当に恐縮している」。

3週間の過酷な戦いの後、バーレーンは再びジロで「勝利」を収めました。チームに若き才能が台頭し、将来は実に明るいものになりそうです。カレンダーの次の予定は、7月のツール・ド・フランスに向けた準備レース、ドーフィネとツール・ド・スイスです。昨年命を落としたジーノ・メーダーを偲んで、いつものようにこのレースに参加します。
2024年のジロ・ディ・イタリアで最優秀若手ライダーに贈られる「マリア・ビアンカ」の優勝者、アントニオ・ティベーリ選手、おめでとうございます。

#rideforGino

PAGE TOP