MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
オンラインショップはこちら

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

【Team Bahrain Victorious】【新城 幸也】ボルタ・ア・ラ・コムニタ・バレンシアナ 出場メンバー発表!

オーストラリアでのシーズンデビューを経て、サウジアラビアでのアルウラツアーを目前に控えたバーレーン・ヴィクトリアスは、今シーズン最初のヨーロッパレース、第75回ヴォルタ・ア・ラ・コミュニタート・バレンシアナに向けた準備も進めている。

経験豊富なサイクリストと将来有望な才能を備えたダイナミックなメンバーを揃えたチームは、スペイン東部の自治区であるバレンシア共同体の絵画のように美しい風景を巡る5日間のステージレースに向けて準備を整えています。レースは1月31日にスタートし、2月4日に終了し、バレンシアナ州の3つの県(カステリョン、バレンシア、アリカンテ)の多様な地形を縫うように進みます。

このレースでは、山岳地帯の中間ステージから、厳しい峠道、スプリント、テクニカルなコースまで、さまざまな挑戦が待っています。ボーナスタイムは、最初の 3 つのステージの中間スプリント、上り坂、フィニッシュラインで配分され、総合成績 (GC) 争う上で極めて重要な役割を果たすことが期待されます。

スポーツディレクターのロマン・クロイツィガーは、バランスのとれたコースレイアウトのシーズン開幕戦として完璧なヴォルタ・ア・ラ・コムニタート・バレンシアナの重要性を強調しています。コースマップからは前年に比べてレースはいくらか簡単に見えたものの、競争のレベルの高さとライダーの熱意により、予測不可能な要素が加わりました。

「チームの主な目標は、経験豊富なペリョ・ビルバオと、このレースデビューの共同リーダーのサンティアゴ・ブイトラゴが総合成績でトップ3を確保することだ。ボーナスタイムが決定的な要因となることが予想され、最終日のGCを大きく揺るがす可能性がある」とクロイツィガーは指摘する。

チームのラインナップには、主要なサポートとして新城幸也とカミル・グラデク、登りのサポートとしてライナー・ケップリンガー、スプリントステージでの可能性を秘めたニコロ・ブラッティ、そしてワイルドカードのマテイ・モホリッチが含まれており、モホリッチはロードキャプテン兼ステージ勝利の可能性を持ったジョーカーを務めます。

バーレーン・ヴィクトリアスは、GCでの成功とステージ優勝の可能性を追求するだけでなく、自分たちの調子とチームワークに高い自信を持ってバレンシアナを終え、これからのシーズンに向けて前向きにコンディション整えることを目指している。

ヴォルタ・ア・ラ・コムニタート・バレンシアナに7回目の出場となるバーレーン・ヴィクトリアスのリーダー、ペリョ・ビルバオは、次のように期待を語った。

「面白いレースだし、難しすぎないので、完璧な開幕戦だと思う。主催者は、私にぴったりのいくつかのステージを特徴とする興味深い登りを再び計画しました。最後には常に小さな丘や登りが含まれます。長い上り坂が少なく、レースはよりオープンなものになりますが、第4ステージは厳しいものになるでしょう。私たちはそれを下見する機会がありました、そしてそれはテレビで見るのに素晴らしいショーになるでしょう。そこに行ってみてまた良い発見がありました。サイクリングにとても良い場所です。新しいシーズンを始めることに本当にやる気があり、最高のコンディションでスタートできることを願っています。最後まで総合争いが出来るように頑張ります。」

第75回ヴォルタ・ア・ラ・コムニタート・バレンシアナはベニカシム=カステリョンの中腹ステージで開幕し、少人数のバンチスプリントで最初のリーダージャージが決まると予想されている。クロイツィガーは、課題を乗り越えてボーナスタイムを活用するには、初日からの集中力、コミットメント、戦略的ポジショニングが重要であると強調します。

レースは横風の可能性を含む中間山岳ステージとスプリントステージで進行し、クライマックスはアルト・デル・ミゼラトを含む5つの峠が特徴のクイーンステージ、テウラダ/モライラ~ラ・バル・デボで待っています。

短く激しいベテラ~バレンシアステージの後に行われるバレンシア港でのグランドフィナーレでは、総合優勝を賭けた戦いが約束されています。クロイツィガーは「必ず戦いが起こり、興奮はゴールラインまで続くだろう。私たちのレースの目標であるバレンシアでの最後の表彰台を達成するために、ライダーたちが参加してくれることを願っています。」

バーレーンヴィクトリアス ラインナップ:新城 幸也 / ペリョ・ビルバオ / サンティアゴ・ブイトラゴ / ニコロ・ブラッティ / カミル・グラデク / ライナー・ケップリンガー / マテイ・モホリッチ

PAGE TOP