MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
MERIDA SHOP

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

チームバーレーン・マクラーレンからチームバーレーン・ビクトリアスへ

2020年12月21日(月) – チーム バーレーン・マクラーレンは本日、戦略的方向性を変更する一環として、2021年シーズンからチーム バーレーン・ビクトリアスとして参戦することを発表しました。

この移行は、バーレーン王国の野心と楽観主義を世界に向けアピールするビジョンを加速させる、チームの旅路におけるエキサイティングな新章を意味します。チーム名に「ビクトリアス」の文字が含まれたことは、バイクに乗っても降りても最高レベルでの成功を収めるというチーム目標を、常に思い起こさせるものとなります。

2020シーズンを通して浸透したパフォーマンス第一主義は、グランツールでの5回にわたるトップ10フィニッシュの達成からも明らかです。チーム バーレーン・ビクトリアスはこの理念と楽観主義の精神を引き継ぎ、それはバーレーン王国のナショナルカラーであるブルーを基調とした新しいキットデザインに象徴されています。

チーム選手は、ミケル・ランダ、ペリョ・ビルバオ、ワウト・プールス、ディラン・トゥーンス、ソニー・コルブレッリ、マテイ・モホリッチといったこれまでのラインアップに加え、ジャック・ハイグ、ジョナサン・ミラン、ジーノ・マーダーを獲得しています。

チーム創設者であるシーク・ナセル・ビン・ハマド・アル・ハリファ殿下は、次のようにコメントします。「サイクリングは献身、規律、忍耐を必要とする最もチャレンジングなスポーツです。より良いライフスタイルをすべての人へ促進できるエンデュランス・スポーツへの挑戦には、こういった価値観が求められます。チーム バーレーン・ビクトリアスは、最高レベルでの勝利を目指し、パフォーマンスを第一に考えたチームを構築するという私たちのビジョンを反映したものになるでしょう」。

熱心なスポーツマンである殿下は、トライアスロンを通じてサイクリングへの情熱を見出し、地元の才能を育成し、参加への障壁を軽減するバーレーン・サイクリング・アカデミーをはじめとする、サイクリングを支持する一連の取り組みを開始しました。

チームとバーレーン王国との強いつながりは、バーレーン経済開発委員会、バプコ、バテルコ、バーレーン国立銀行、アルバなど多くの企業からの支援を受けていることに表れています。

バーレーン王国は2017年からMERIDA BIKESのサポートと共に、UCI WorldTourに参戦しています。MERIDA BIKESは今後も、FSAのコクピット、Visionのホイール、Prologoのサドル、Continentalのタイヤ、Shimano のパワーメーターといったチームの不可欠なテクニカル・パートナーと共に、レースで勝利実績のあるバイクと継続的なイノベーションを供給していきます。

MERIDAに加えチーム バーレーン・ビクトリアスは、最先端のヘルメットとアイウェアのブランドRudy Project、サイクリング用ラゲッジのイノベーターScicon、Eliteのトレーナーとボトル、パフォーマンス・アパレルブランドのNalini、最も革新的なツールのブランドSnap-OnとBahcoといった、プロサイクリング界でも最も印象的なテクニカル・パートナーと協力しています。

また、世界的なニュース放送局CNBC、オーダーメイドテーラーのCad & Dandy、Rocket Espresso、Bristotも2021年に向けてチームとのパートナーシップを更新しました。

PAGE TOP