MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
オンラインショップはこちら

TEAM YUKIYA BLOGユキヤ通信

4 August Spain ー44th Vuelta a Burgos(2.Pro) Stage 2 » Vivar del Cid › Villadiego(158km)ー

チームメイトらと先頭で集団を牽引する新城

Photo Sprint cycling

 

現在スペイン・カスティーリャ・イ・レオン州のブルゴス県で開催中の『Vuelta a Burgos ヴエルタ・ア・ブルゴス』第2ステージの新城選手の結果とコメントをお伝えいたします。

第2ステージは中盤に3つの3級山岳が設定されているものの、このレースの中では

スプリンターステージと言える158km。各チームのエーススプリンターたちにとっては

勝利を狙う貴重なチャンス。

バーレーン・ヴィクトリアスは第1ステージの勝利でリーダージャージ着用する

サンティアゴ・ブイトラゴ(コロンビア)を守りながら集団先頭でレースのコントロールに

徹します。

ヘイマン・ペロルシュタイナー(オーストリア)とともに長時間にわたり集団を牽引した新城選手

Photo Sprint Cycling

このまま集団スプリントで何事もなく終わるかと思われた矢先、フィニッシュまで1kmを

切り、時速70km/h以上に加速していた集団の先頭から3番手の他チームの選手がスビート

バンプでハンドルから手を滑らせ落車。後続の選手が次々と巻き込まれ、多くの選手が足止め

という大惨事が起こります。

新城選手らはフィニッシュのスプリント勝負には無理に参戦せず、タイム差を付けられず、集団の

中で安全にリーダージャージのブイトラゴをフィニッシュさせるため、アクシデントがあった場合

でも、同タイムフィニッシュ扱いとなる残り3kmを切ってからは集団の中央にポジションを下げ

ていたため、新城選手も足止めを余儀なくされましたがトップと同タイムの52位でフィニッシュ、

ブイトラゴも無事にリーダージャージを守りました。

リーダージャージのサンティアゴ・ブイトラゴ(コロンビア)写真中央

Photo Sprint Cycling

 

以下、新城選手のコメントです。

とにかく無事にリーダーを守れて良かった。

   第1ステージと同じ3人が逃げてくれたおかげで、集団を

  コントロールする側としては簡単なステージとなった。

   フィニッシュまで500mのところで大惨事(集団落車)が起きて

  しまったが、幸いにもチームメイトには大きな怪我がなかった。

   しかしこの落車で第3ステージをスタート出来ない選手も多数

  いるだろう…。それぐらい酷い落車だった。

   第3ステージは1つの勝負所の日になると思う。フィニッシュまで

  約40km手前に大きな山場が待ち構えている。

   昨年のこのレースでも、登ったし、昨年のヴエルタではこの登り

  フィニッシュのステージもあつた山。    自分の仕事はスタートから登り口までの約110km地点、チームが

  良い状態で山場に入れるように、全力を尽くすだけです

大会公式サイト→ Vuelta Burgos | del 2 al 6 de agosto de 2022

Article

PAGE TOP