MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
オンラインショップはこちら

TEAM YUKIYA BLOGユキヤ通信

27 September Belgium ーWorld Championships (WC)»Antwerp›Leuven(268.3km)ー

石畳区間を含む周回で孤軍奮闘する新城選手
photo Miwa IIJIMA
 昨日ベルギーフランドル地方で開催されました世界選手権2021の新城選手の結果と
コメントをお伝えいたします。
 レースは195人がエントリー。アントワープをスタートし、ルーヴェンの市街地にフィニッシュ
するまでフランドリアンサーキットと言われる石畳を含む激坂区間含む周回を重ね、最後は
ルーヴェン市街地コースを2周半でフィニッシュする268.3km。
 新城選手は日本から1人の参戦となりましたが、有力選手のアタック合戦で集団がどんどん
ふるいにかけられるサバイバルレースの中、終盤までメイン集団に残り最後は2つに分断し、
先頭グループに入ることが出来ませんでしたが、メイン集団に残り49位で13回目の世界選手権を
無事完走いたしました。
ハードなレースを生き残り笑顔でフィニッシュした新城選手
photo Miwa IIJIMA
以下、新城選手のコメントです。
楽しんで走ることが出来た。

  ブエルタからレースが空いていたから、調子が分からない部分もあったが

 調子良く走れて良かった。
  
  スタートから100km地点で既にレースはハイペースで厳しいレースとなった。
  268kmをアベレージ45km/hを見ればきついレースだったことは想像出来きるかな(苦笑)
  テレビで見るには展開がたくさんで見応えあったんじゃないだろうか。
  現地でもたくさんの日本の国旗、応援が聞こえた、ありがとうございました!
  落車も多い中、トラブルに巻き込まれなかったのも良かった。
  日本選手は1人だったが、ナショナルチームのサポートがあったから
  こそフィニッシュまでたどり着く事が出来た!感謝です。
  
   今回も酷使したので、回復には時間がかかりそうですが、これでシーズンオフに
  入る予定なので、ゆっくり過ごしたいと思います。
   今シーズンも、たくさんの応援ありがとうございました。』

Article

PAGE TOP