MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
MERIDA SHOP

TEAM YUKIYA BLOGユキヤ通信

17 May Italy ー104th Giro d’Italia (2.UWT) Stage 10»L’Aquila›Foligno(139km)ー 第104回ジロ・デ・イタリア 第10ステージ(5月18日配信版)

スタートポディウムに上がる新城選手
photo Miwa IIJIMA
 現在イタリアで開催中のジロ・デ・イタリア第10ステージの新城選手の結果とコメントをお伝えいたします。
 第10ステージは4級山岳が1つの139kmとショートステージでスプリンターにとっては、数少ないチャンスということもあり、エーススプリンターを要するチームが攻撃に出るハイスピードなレースとなりました。
 積極的にスプリントに参加しないバーレーン・ヴィクトリアスはアクシデントなどで総合上位選手のタイム差を失わないために、新城選手らが集団前方に位置取りしながら、チームを引き上げます。
 100人ほどの集団スプリントに持ち込まれ、新城選手はトップと同タイムの集団の中、61位でレースを終えました。
 以下、新城選手のコメントです。
 『今日は強風が吹いていて、どんなステージになるか分からなかった。
 チームはヤン(トラトニク/スロベニア)を逃げに乗せる(決まりそうなメンバーなら)、そしてダミアーノ(カルーゾ/イタリア)のタイムを失わないのがこのステージの目標。
 始まってみれば、5人逃げに緩い展開になるかと思ったが、ボーラ・ハンズグローエがゴールまで60kmを残したところでスプリンターを苦しめるきつい展開に持っていき、全く平和な1日では無くなった。
 強烈なペースで登りも下りも走ったが、幸い自分は山岳をメイン集団でこえることが出来て、ダミアーノのサポートをゴールまですることが出来た。
 ここまで登りは苦しんだが、平坦では脚の調子良さは確認出来た。
 まだ1週目が終わっただけ。これからがジロ本番が待ち構えている。
 明日はしっかりとパワーチャージして2週目備えたいと思う。
と、語っています。
スタート前、フランスのタイムトライアルチャンピオン、レミ・カヴァニャ(ドゥクーニンク・クイックステップ)と談笑する新城選手
photo Miwa IIJIMA
☆レース公式ページ↓レースのアプリもダウンロードできます。
☆放送予定(ライブ配信)
・Jスポーツ サイクル
・GCN+

Article

PAGE TOP