MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
MERIDA SHOP

TEAM YUKIYA BLOGユキヤ通信

第34号 ー Tour Poitou-Charentes en Nouvelle Aquitaine(2-1) Stage5 164.6km ー(8月31日配信版)


先頭でメイン集団をけん引する新城
photo:A.Barbotin/大会公式

フランス西部、大西洋に面したヌーヴェル=アキテーヌ地域圏で開催中の『Tour Poitou-Charentes(UCI2-1)ツアー・ポワトゥー・シャラント』最終日、第5ステージの新城の結果とコメントをお伝えいたします。
最終日もアップダウンが連続する164.6kmのコース。2回のスプリントポイントが設けられているため、ポイント通過順で与えられるボーナスタイムで総合優勝を逆転できる可能性のあるアルノー・デマール要するFDJのコントロールにより、一度目のスプリントポイントを危なげなくデマールが1位通過。
ステージ優勝を狙うチームの選手が数名の先頭集団を形成。ガルシア・コルティナのスプリントで区間優勝を狙いたいバーレーン・マクラーレンは新城らが懸命に追い上げ、集団でのゴールスフリントに持ち込み、絶好調のフランスチャンピオン、デマールに一歩及ばず、バーレーン・マクラーレンのコルティナ(スペイン)はステージ2位。仕事を終えた新城はステージ66位、総合52位でレースを終えました。


5ステージ中3勝を挙げたアルノー・デマール(FDJ)
photo:R.Garnier / 大会公式

以下、新城のコメントです。

「チームは集団スプリントをコルティナで狙う作戦だったので、出来るだけ、少ない人数での逃げにしたかったが、逃げた5人が脚が揃っていて、捕まえるのも大変で……164kmのステージで14km地点のボーナスポイント以降、休んだ記憶がないほど、全力でステージを駆け抜けた。

残念なことにコルティナは2位だった。アシストの仕事が報われるのは、エースが勝った時。それがロードレースだしね。

別府さんと久しぶりに走れて楽しかった。第1ステージでしか、ゆっくりは話せなかったけど、(笑)
やっぱり、集団に同じ国の選手が要るのは気分が違うよね。
チェコからワロン、プルエーにポワトゥーと怒涛のレース1ヶ月だった。
個人の成績は残せなかったが、脚の調子良さを確認出来たのは、何よりもの収穫。タイで乗り込みができていたおかげだ。引き続き、頑張ってきます」

新城の次のレーススケジュールにつきましては、改めてお伝えいたします。

 

Article

PAGE TOP