MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
オンラインショップはこちら

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

ヴォルタ・バレンシアーナでブイトラゴが総合2位とヤングライダージャージを獲得、チーム総合首位も獲得

バレンシア共同体の3つの州を巡る5日間の挑戦的なステージレースである第75回ヴォルタ・ア・ラ・コミュニタット・バレンシアナ(2.プロ)は、2月4日にバーレーン・ヴィクトリアスの勝利で幕を閉じた。

サンティアゴ・ブイトラゴはバレンシアで表彰台に上り、優勝したマクナルティ(UAE)にわずか14秒差の総合2位を確保し、最優秀若手ライダー賞の白いジャージを獲得して今週を締めくくった。

24歳のコロンビア人サイクリストは、特に最後から2番目のステージのアルト・デル・ミゼラト頂上で2位を獲得し、そのクライミングスキルを披露した。ブイトラゴは自身のパフォーマンスを振り返り、「今シーズンの初レース、そして素晴らしいパフォーマンスを見せたチームにとても満足している。」と喜びを語った。新シーズンを素晴らしい調子でスタートできたことで、残りのシーズンに向けてモチベーションが上がりました。」

Vueta a la Comunitat Valenciana 2024 – 75ht Edition – Betera – Valencia 93 km – 04/02/2024 – Santiago Buitrago (COL – Bahrain – Victorious) – photo Luis Angel Gomez/SprintCyclingAgency©2024

ベテラからバレンシアまでの93kmの中山間コースに及ぶ激しい最終ステージでは、バーレーン・ヴィクトリアスが総合表彰台の防衛を目標にレースをコントロールした。モホリッチとビルバオが攻撃を仕掛けようとしたにもかかわらず、この日逃げ延びたウィル・バルタ(モビスター)がバレンシア港での前例のないフィニッシュで単独勝利を確保した。プロトンスプリントでは、マテイ・モホリッチがチーム最高位のライダーとなり、5位という好成績を収めた。

Vueta a la Comunitat Valenciana 2024 – 75ht Edition – Betera – Valencia 93 km – 04/02/2024 – Bahrain – Victorious – photo Rafa Gomez/SprintCyclingAgency©2024

バーレーン・ビクトリアスは、マテイ・モホリッチのステージ2での勝利、サンティアゴ・ブイトラゴのクイーンステージでの驚異的な2位、総合2位、最優秀若手ライダー賞の白いジャージなどの傑出した成績でヴォルタ・バレンシアーナを締めくくった。ペリョ・ビルバオは総合で6位、ライナー・ケップリンガーは8位、そしてニコロ・ブラッティもバレンシアの表彰台で祝うことができ、彼らはレース最優秀チームとしてのタイトル獲得に貢献した。

スポーツディレクターのロマン・クロイツィガーはチームのパフォーマンスに満足の意を表明し、ステージ優勝と表彰台確保という主な目的が達成されたことを強調した。「グラデク選手と新城選手はレースを棄権せざるを得ませんでしたが、チームの団結した努力によりチーム総合での勝利を収めました。また、選手たちが好調を維持しているのが確認できたことが収穫でした。自分たちがどのレベルにいるのかを知っており、自信を持って次のレースに臨むことができる」と述べた。

PAGE TOP