MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
オンラインショップはこちら

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

【Team Bahrain Victorious】ブイトラゴはヴォルタ・バレンシアーナ・クイーンステージで2位

当初はバレンシアナ・ブエルタ・ア・ラ・コムニタートのクイーンステージとなる予定だったレースだが、第4ステージはゴール付近での悲劇的な死亡事故により予期せぬ展開となった。このため主催者はステージのゴール地点を予定より15.2キロ早め、エル・ミサラ山頂に移すことを決定した。

しかし、それでも5つの困難な峠があり、非常に挑戦的な一日でした。修正されたステージでは、この日の逃げは最後の登り(5.7km、平均勾配9.2%)の麓で巻き起こり、主役ライダーたちは残り3.5kmで決定的な動きを開始した。

Vuelta a la Comunitat Valenciana 2024 – 75th Edition – 4th stage Teulada Moraira – Vall d’Ebo 161,3 km – 03/02/2024 – Aleksandr Vlasov (BORA – hansgrohe) – Brandon Mcnulty (USA – UAE Team Emirates) – Santiago Buitrago (COL – Bahrain – Victorious) – photo Luis Angel Gomez/SprintCyclingAgency©2024

アレクサンドル・ウラソフ(BORA)が加速し、マクナルティ(UAE)、サンティアゴ・ブイトラゴが続いた。マクナルティ選手が力強い独走で残り2.2km地点で先頭に躍り出て、2位のブイトラゴ選手に12秒の差をつけて勝利を確定させ、ブイトラゴ選手は3位のウラソフ選手を上回りました。もう一人のバーレーンライダー、ペリョ・ビルバオは惜しくも表彰台を逃し、24秒差の4位でフィニッシュした。

ステージ4の表彰台結果は新しい順位を反映しており、マクナルティはブイトラゴを14秒リードし、ウラソフを16秒リードしている。

敬意を表してステージ後のプロトコル活動はすべて中止され、選手たちは無力化された状態でバル・デボに到着した。

Vuelta a la Comunitat Valenciana 2024 – 75th Edition – 4th stage Teulada Moraira – Vall d’Ebo 161,3 km – 03/02/2024 – Santiago Buitrago (COL – Bahrain – Victorious) – photo Luis Angel Gomez/SprintCyclingAgency©2024

最優秀若手ライダー部門でリードを広げたサンティアゴ・ブイトラゴは、その日を振り返り、次のように哀悼の意を表した。

「新たなレース環境下でベストを尽くそうと努めた。チームはうまく機能し、私はこの素晴らしい2位を獲得することができました。明日は表彰台を守れることを願っています。非常に短いステージであり、何が起こる可能性もあります。」

スポーツディレクターのロマン・クロイツィガーは、困難な状況にも関わらずサンティアゴとチームのパフォーマンスを称賛した。

「ゴールラインから残念な知らせがあり、ステージのゴールが移動しました。それにもかかわらず、サンティアゴは素晴らしかった。ペリョも力強いレースを見せ、ケップリンガーとマテイもクラスの実力を見せつけた。明日は表彰台を巡る熾烈な戦いが予想されており、準備をしておく必要がある。これまでのところ満足しています。ただうまく管理して表彰台を逃さないようにする必要があるし、もしかしたら何かを得るために行動することも検討する必要がある。」

PAGE TOP