MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
オンラインショップはこちら

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

バーレーン・ヴィクトリアス、クリテリウム・デュ・ドーフィネ出場メンバーを発表

ツール・ド・スイスとともにツール・ド・フランスの前哨戦として位置づけられているレース、クリテリウム・デュ・ドーフィネに参戦します。

第75回目となる8ステージ構成の本レースは、シャンボン=シュル=ラックからスタートし、ライダーたちは山岳ルートを走り、総距離1,207.2 km、標高 21,714 mの登りを経て、ラ・バスティーユ – グルノーブル アルプ メトロポールでゴールします。

第4ステージでは個人TTが行われ、比較的平坦ではあるものの31.1kmのコースが個人総合成績に大きく影響することが予想されます。

第7ステージは標高2,067mのクロワ・ド・フェール峠で史上最高のステージフィニッシュを迎えるため、山岳賞争いの決定的なポイントとなる。第7ステージの総距離はわずか 147.9kmだが、獲得標高は 4,000m以上となっています。

最終第8ステージはレースオフはなく、プロトンは再び標高4,000mを超え、距離1.8km、平均勾配 13.6%のラ・バスティーユの短く急な上り坂でフィニッシュする。

Team BAHRAIN VICTORIOUSを率いるミケル・ランダは、来たるツール・ド・フランスに向けて微調整をしながら、ラ・フレーシュ・ワロンヌで表彰台を獲得したときの調子を目指すことになります。ミケル・ランダが最後にレースに出場したときは、2020年にGCで18位、ツール・ド・フランスでは総合4位でフィニッシュしています。

ミケル・ランダをサポートするのは、ジャック・ヘイグとエドアルド・ザンバニーニでジロ・デ・イタリアでチーム総合優勝を獲得した後、そのままレースに臨むことになる。フレッド・ライトとカミル・グラデクはクラシックに続いてレースに復帰し、両者ともツール・ド・フランスの選考に名を残すことを目指しており、マテフズ・ゴベカールとヘルマン・ペルンシュタイナーを率いてクリテリウム・デュ・ドーフィネに参戦します。

スポーツディレクターのニール・スティーブンスは次のようにコメントしています。

「伝統的に、これはフランスのツール前の強化レースであり、ツアー選考のポジションを争うライダーによる激しいレースも意味します。私たちにとっては、ジロや他の選手からレースに戻ってくる選手が何人かいます。

ランダがリーダーとなり、ジャックがサポートすることになるが、ジャックはジロ後に力強くレースに臨むことになるだろう。

ステージを見てみると、我々のチームに適した本当の「スプリント」ステージはありません。序盤に純粋なスプリンターがいないのは理想的ではないかもしれないが、週後半の大きな山岳ステージの前にフレッドやゴベカーのような選手にもチャンスが与えられることになるだろう。したがって、我々は一生懸命レースをし、ツアーに向けて微調整し、GCでできるだけ高い順位を獲得することを目指します。」

PAGE TOP