MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
オンラインショップはこちら

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

ダミアーノ・カルーゾがブエルタ・ア・エスパーニャのステージ9で独走勝利!

ダミアーノ・カルーゾは、ブエルタのステージ9でブレイクアウェイからさらに独走になり、今シーズン2度目のグランドツアーでのステージ勝利を飾りました。

ブエルタ・ア・エスパーニャのステージ9は、標高4,600メートルを超える187kmをカバーする山々での挑戦的な日でした。レースは激しいペースでスタートし、ライダーがブレイクアウェイに入るのは難しい日でした。最終的に、ダミアーノ・カルーゾと他の10人のライダーを含むグループがブレイクアウェイグループになりました

残り70kmで、プロトンはブレイクアウェイグループとのギャップを埋め始めました。ダミアーノはブレイクアウェイからアタックし、単独で先頭を走り始めました。最後の登りの入口で、ダミアーノはリーダーのグループから5分の差をつけ、GCの候補者が彼を捕まえる前に、なんとかアルトデベレフィケの頂上に登ることができました。

バーレーン・ヴィクトリアスは、ジャック・ヘイグが4位、ジーノ・マーダーが7位で、ステージのトップ10で3人のライダーをフィニッシュさせました。GCバトルでは、ヘイグが7位から4位に上昇し、レースリーダーのプリモシュログリッチ(ジャンボビスマ)を1分42秒差で追っています。

ブエルタ・ア・エスパーニャ2021-第9ステージ プエルトルンブレラス– アルトデヴェレフィック188 km – 22/08/2021 – ジーノ・マーダー(SUI –バーレーンヴィクトリアス)– ジャック・ヘイグ(AUS –バーレーンヴィクトリアス)–photo Luis Angel Gomez / BettiniPhoto©2021

ダミアーノ・カルーゾ:「私はとても幸せです。色々なことがあったことは知っていますが、イネオスが本当にハードなテンポでしていることは知っていました。だから私は大丈夫だと言った。彼らが私を捕まえる前に、私は一人で、離脱をしようとしました。ギャップが大きくなるとは思っていませんでしたが、時間が経つごとに大きくなりました…それでも自分のやったことが信じられません。

それは素晴らしい気持ちであり、ジロでの私の気持ちの繰り返しです。私にとってそれは信じられないほどのことです。最後の登りはとても長かったので、自分のテンポで走ることに集中していましたが、最後の2 kmで、このステージを勝ち取ることができることに気づきました。

ブエルタ・ア・エスパーニャ2021–第9ステージプエルトルンブレラス–アルトデヴェレフィック188 km – 22/08/2021 –ダミアーノ・カルーゾ(ITA –バーレーンヴィクトリアス)–photo Luis Angel Gomez / BettiniPhoto©2021

リードスポーツディレクターのゴラズド・シュタンジェリは次のように述べています。

「実際、今朝からミケルは最高の気分ではなかった。それでも、私たちは彼をサポートすると決めました。彼は今でもチャンピオンであり、私たちの最高のライダーの1人であり、ワウトとマークで彼をサポートしています。

ダミアーノについて何が言えますか?ブレイクアウェイに1人のライダーを乗せる予定でしたが、入るのは簡単ではありませんでした。それから、ペロトンは彼に多くのスペースを与えず、GCライダーの戦いの前に一人で行って時間を稼ぐために本当にうまく反応しました。彼はすべてを完璧にやりました!

ジャックは最初のブロックで素晴らしい形を見せました。彼は最初から良い状態を示しています。ダミアーノのステージ優勝で、このレースでの目標の1つを達成しており、ジャック、ジーノ、ミケルとの目標をさらに増やしたいと考えています。」

PAGE TOP