MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
オンラインショップはこちら

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

マテイ・モホリッチがツール・ド・ポローニュで総合2位を獲得

マテイ・モホリッチがGCで2位でフィニッシュを迎え、バーレーン・ヴィクトリアスはツール・ド・ポローニュを締めくくりました。モホリッチは、レース全体を通して印象的な動きを見せ、7ステージ中、3ステージで表彰台を獲得しました。総合優勝はジョアン・アルメイダ(Deceuninck–Quick-Step)が20秒の差で勝ちました。

また、モホリッチのパフォーマンスに加えて、ディラン・トゥーンスは総合成績で8位のフィニッシュを確保し、フィル・バウハウスは初日にステージで勝利を収めました。

ティム・ハリス:「ポーランドのツアーはとても満足して家に帰ることができます。初日はフィル・バウハウスがステージで優勝し、リーダージャージを獲得しました。また、マテイ・モホリッチは総合2位でした。ただ、マテイがステージ2と3で、非常に良いパフォーマンスを見せました。彼がステージに勝てなかったのは少しイライラしますが、それを受け入れる必要があります。チーム全員が毎日うまく走り、可能な限りレースをコントロールしようとしました。結局、マテイがとても良い時間を過ごし、タイムトライアルバトルに行き着きました。全体的に見ても、私たちは2位を獲得したので、満足しています。」

マテイ・モホリッチ:「総合成績上位獲得と、スプリントステージで優勝するという使命を持ってツール・ド・ポローニュに来ました。フィルは最初のステージで勝利したとき、私たちからプレッシャーを取り除きました。レース中の雰囲気は素晴らしく、チームワークは素晴らしかった。そしてレース中に素晴らしい仕事をしてくれたチームバーレーンヴィクトリアスのすべてのライダーとスタッフに感謝しなければならない。GCの2位は非常に良い結果です。最近は2位と3位が多いですが、将来的には勝利を狙いたい。シーズンはまだ終わっておらず、この後も重要なレースがいくつかあるので、私はそれらに向けて準備していきます。」

PAGE TOP