MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
オンラインショップはこちら

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

ツール・ド・ポローニュステージ5でモホリッチが2位を獲得

ツールドポローニュのクイーンステージは、ホホウフとビエルスコビャワ間の172kmで行われました。ブレイクアウェイは最初の6人で一貫していましたが、その後、4人のライダーだけがペロトンの前にフィニッシュラインに到達しようと動きました、イネオスと私たちは最後の5kmでブレイクアウェイを引っ張るために集団前方で働きました。

1級山岳にカテゴライズされた3つの登りは、すべてがパンチの効いていましたが、プロトンを揺さぶることはなく、登りのサーキット(3×7.5km)に入った。その登りで3回、プロトンが減少しましたが、約30人のライダーによるスプリントがレースを決定しました。モホリッチは300mになり、道路の中心に向かう道を見つけなければなりませんでしたが、フルスピードになるまでに、ニキアス・アルントのすぐ後ろに付き2位になりました。彼はステージを勝ち取るためにさらに2〜3メートル必要でした。

モホリッチは6秒を獲得し、GCリーダーのアルメイダに対して現在はわずか2秒遅れています。彼はポイントリーダージャージをクウィアトコフスキーから引き継ぎ、明日の裁判では白いポイントリーダーのスキンスーツを着ます。

Tour de Pologne 2021–第5ステージChocholow – Bielsko-Biala 172,8 km – 13/08/2021 – Joao Almeida(POR – Deceuninck – Quick-Step)– Matej Mohoric(SLO – Bahrain Victorious)– Stefano Oldani( ITA – Lotto Soudal)– Nikias Arndt(GER – Team DSM)–photo Dario Belingheri / BettiniPhoto©2021

マテイ・モホリッチ:「今日は私たちにとって良いステージ結果でしたが、2位には満足していません。前回の2位と3位のすべてで少しイライラしますが、その一方で、さらに悪いこともあります。それでも素晴らしい結果です。明日のタイムトライアルを楽しみにしています。今日のように集団から出される可能性はありません。誰もが自分で時間に逆らっており、そこに隠れることはありません。ジョアン・アルメイダが優勝するのが大方の予想だと思いますが、GCで表彰台を獲得するために最善を尽くします。それがどうなるかを見ていきます。私は本当にそれを楽しみにしています。」

SDのティム・ハリスは次のように述べています。「ディラン・トゥーンスもグループで全力疾走しましたが、残念ながら誰かが彼に衝突したため、文字通り250メートル前でバイクを交換する必要がありました。ですから、現時点では、マテイは全体で2秒遅れていますが、明日は19 kmのタイムトライアルなので、明日何ができるか見ていきます。全体として、良い日でしたが、やはり勝利ではありませんでした。」

明日は、7日間のツールドポローニュを日曜日のスプリントステージで締めくくる前に、個人総合順位を決定付けるタイムトライアルステージです。

PAGE TOP