MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
オンラインショップはこちら

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

ブエルタ・ア・エスパーニャ出場メンバー発表!

シーズン最後のグランドツアー、ブエルタ・ア・エスパーニャが始まります。ミケル・ランダは、ブエルタ・ブルゴスで総合優勝を果たした後、バーレーン・ヴィクトリアスのラインナップをリーダーとして優勝を狙います。

ダミアーノ・カルーゾは、GCで2位を獲得し、ステージ20でその印象的な勝利を収めたジロの成功に続いてシーズン2回目となるグランドツアーに出場します。ジャック・ヘイグはツールでのクラッシュからレースに戻り、ブエルタの準備に懸命に取り組んでいます。 。

ワウト・プールスは昨年トップ10でフィニッシュしたブエルタに戻ってきました。今年のツールでは、山岳賞ジャージのために素晴らしい戦いを繰り広げています。若く有望なライダーであるジーノ・マーダーとマーク・パドュンは、今シーズン2つ目のワールドツアーでのステージ勝利をすることを目指しています。最後に、新城幸也とスロベニアのTTチャンピオンであるヤン・トラトニクがラインナップを締めくくり、ジロに続く2度目のグランドツアーに出場します。

今年のブエルタは21ステージで3,417.7kmをカバーし、8つのフラットステージ、4つの丘陵ステージ、7つのマウンテンステージ、2つのタイムトライアルで構成されています。
レースはブルゴスでの7kmのタイムトライアルで始まります。マドリッドでの通常のフィニッシュとは異なり、レースはサンティアゴ・デ・コンポステーラでの33.8kmのタイムトライアルで終わります。

タイムトライアルとは別に、大きな総合成績争いは、7つの山のステージ、特にステージ17と18で行われます。ステージ17の長さは185 kmで、特別なカテゴリであるラゴス・デ・コバドンガの山頂フィニッシュまでは距離12.5km、平均勾配 6.9%で、最大勾配は16%を超えています。また翌日、ライダーは、スペインで最もチャレンジングな登山の1つと見なされているアルトデルガイモニティルでの山頂フィニッシュにも挑まなければなりません。

スポーツディレクターのゴラズド・シュタンジェリ:「ブルゴスでの有望な結果を受けて、ランダをレースリーダーとしてレースに参加します。表彰台を獲得してレースから抜け出したいのですが、私たちの野心はブエルタで戦って優勝することです。

また、すべてのライダーがこのレースでステージを勝ち取ることができる強力なラインナップがあります。したがって、私たちはすべてのステージでミケルを保護し、彼をサポートしますが、ステージによっては勝利する機会を与えることもあります。私たちは積極的にレースを行い、今シーズンのグランツールでのステージ勝利を積み重ねたいと考えています。このチームは、エキサイティングな3週間のレースに向けて準備ができています。」

PAGE TOP