MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
オンラインショップはこちら

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

ミケル・ランダがブエルタ・ブルゴスを獲得し、バーレーン・ヴィクトリアスがベストチーム賞を受賞しました。

ミケル・ランダは、ジロでのクラッシュ後、ブエルタ・ブルゴスで総合優勝という素晴らしい結果で復帰しました。最終ステージでの彼の6位のフィニッシュは彼の総合順位を動かし、チームメイトのマーク・パドゥンもランキングを上げて総合3位になりました。

チームはまた、チーム総合成績でもトップを獲得し、チームの強さが今シーズンの最後のグランドツアー、ブエルタ・ア・エスパーニャに移行していることを示しています。残念ながら、ブイトラゴは僅かな差で新人賞ジャージを獲得することができませんでしたが、マーク・パドュンのアタックやランダがバルデ(チームDSM)の前に上がるのを助けるなど、彼の可能性を示しました。

Vuelta a Burgos 2021 第5ステージ–コムネロデレベンガ–ラグナスデネイラ– 146 km – 07/08/2021 –ミケル・ランダ(ESP –バーレーンヴィクトリアス)–photo Luis Angel Gomez/BettiniPhoto©2021

ミケル・ランダ:「クラッシュと怪我の後、再び表彰台に上がるのはとても嬉しいことです。ステージ優勝を目指して今日のステージをスタートしました。私たちは最後の登りでステージ優勝の為に一生懸命やろうとしました。ステージでの勝利は本当に大変でした。マークとサンティアゴがチャレンジしていましたが、最後にGCを獲得して、結果に満足しています。ここには本当に強いチームがあり、最善を尽くしました。今、私はブエルタ・ア・エスパーニャを前にとても気分がいいです。コンディションを整えるには、まだ数週間かかることはわかっていました。日々、私たちは目標に近づいていると思います。」

マーク・パドュン:「チームにとって、そしてまず第一に、私にとって、とても良い週です。私たちはステージ優勝をしたわけではありませんが、個人総合のトップ3に2人のライダーがいることは驚くべき結果であり、チーム総合成績でもトップです。このチームの一員になれたことをとてもうれしく思います。私はこのレースを可能な限り最高の状態で始めたわけではありませんが、日々成長していて、かなり良い状態です。」

Vuelta a Burgos 2021 第5ステージ–コムネロデレベンガ–ラグナスデネイラ– 146 km – 07/08/2021 –ファビオ・アル(ITA –チームクベカアソス)–ミケル・ランダ(ESP –バーレーンヴィクトリアス)–マーク・パドュン( UKR –バーレーンヴィクトリアス)–photo Luis Angel Gomez/BettiniPhoto©2021

DSのニール・スティーブンスは、ステージの直後に彼の考えを共有しました。

「ランダは過去数ヶ月間本当に一生懸命働いています。チームは今週本当に一生懸命働いた。そして今日、私たちはチーム総合成績にでトップに立つだけでなく、個人総合でも勝ち、ブルゴスを終えた。素晴らしい結果です。このチームバーレーンヴィクトリアスのすべてのスタッフとライダーによる素晴らしい仕事。ブエルタ・ア・エスパーニャも楽しみにしています。」

PAGE TOP