MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
オンラインショップはこちら

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

チームバーレーンヴィクトリアスはツール・ド・フランスでチーム総合賞を獲得

バーレーンヴィクトリアスはツール・ド・フランスの全日程を終え、チーム総合成績でトップ獲得し、この素晴らしい3週間を締めくくりました。チームはレースのほとんどのステージでチーム成績トップの証である黄色いヘルメットとゼッケンを身に着けていました。

チームは、3つのステージでの勝利と個人総合成績でのトップ10のフィニッシュに加えて、チーム総合成績で2位との差を19分以上離しました。また、ワウト・プールスは山岳賞ジャージを目指して素晴らしい戦いを繰り広げましたが、レースの勝者であるタデイ・ポガチャル(UAEエミレーツ)に僅か及びませんでした。

チームリーダーのジャック・ヘイグがステージ3でのクラッシュでリタイアし、チームは困難な時期を経験しました。しかし、チームはうまく反応し、マテイ・モホリッチがステージ7で大逃げを決め、勝利しました。

翌日、今度はディラン・トゥーンスがブレイクでチャンスをつかみ、バーレーン・ヴィクトリアスの連続勝利を達成、チームの勢いは続きました。その後、モホリッチはステージ19でも、ブレークアウェイで再び成功し、ステージで勝利しました。

ツールドフランス2021-第21ステージ チャトウ–パリシャンゼリゼ 108,4 km – ソンニ・コルブレリ(ITA) –ワウト・プールス(NED)–マルコ・ハラー(AUT)–フレッド・ライト(GBR)–ディラン・トゥーンス(BEL)–ペリョ・ビルバオ(ESP)–マテイ・モホリッチ(SLO)–photo:Dario Belingheri / BettiniPhoto©2021

バーレーン・ヴィクトリアスSD、ロルフ・アルダグ:「私たち全員にとって素晴らしい経験でした。ジロのように、残念ながらGCリーダーのジャックを失いました。その後、戦略を立て直す必要があり、マテイとディランとの連続したステージでのレークアウェイでチャンスをつかみました。その後、ペリョがトップ10に入るために戦い続け、自分の場所を見なければなりませんでした。

明らかに、ステージ17の後は大変な夜でしたが、マテイと一緒にステージを勝ち取りました。ワウトに山岳賞ジャージを獲得してもらうのが本当は良かったのですが、そう上手くはいかず、ポガチャルのようなライバルに対しては非常に困難な戦いでした。全体として、チームとして表彰台を獲得することは特別な瞬間であり、私たち全員にとって忘れられない瞬間です。」

PAGE TOP