MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
オンラインショップはこちら

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

ツール・ド・フランスの第15ステージで、ワウト・プールスが3位でフィニッシュし、山岳賞ジャージを取り戻した。

ワウト・プールスは、ブレイクアウェイから印象的なパフォーマンスを披露し、アンドラでのフィニッシュを表彰台で締めくくり、山岳ポイントで首位に返り咲きました。

イエロージャージをタデイ・ポガチャル(UAEエミレーツ)がしっかりと保持している状態で、山岳賞ジャージの戦いはツール・ド・フランスの最前線であり話題の中心です。15番目のステージでは、アンドラでのフィニッシュに先立ち、4つのカテゴリライズされた登りがありました。プールスはなんとか25ポイントを獲得し、彼の最も近いライバルであるマイケル・ウッズ(イスラエルスタートアップ)に対して8ポイントのリードを獲得しました。

ワウト・プールス:「山岳賞ジャージ取り戻して、さらにステージの表彰台を獲得できて本当にうれしいです。チーム総合の戦いを続けてくれた3人のチームメンバーが前に出て、とても良い日だったと思います。ワウト・ファンアールトとのスプリント勝負でポイントを獲得するのは大変でしたが、私はなんとか彼を1回倒し、最後のKOMで良いポイントを獲得してジャージに移りました。私たちは毎日それを取りますが、ジャージのために山でのさらなる戦いのために明日休憩します。」

ツールドフランス2021–第108版–第15ステージセレ–アンドララベリャ191,3 km 2021年7月11日– 2021年10月7日–ワウト・プールス(バーレーンヴィクトリアス)–photo Gregory Van Gansen/PN/BettiniPhoto©2021

PAGE TOP