MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
オンラインショップはこちら

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

マテイ・モホリッチがツール・ド・フランス2021の最長ステージで優勝

ブレークアウェイの最初の本当のチャンスと呼ばれるステージ7では、モホリッチがコート・ド・グルクス・アン・グレンのブレークアウェイを利用して攻撃し、振り返ることはなく、21世紀のツアーでの最長ステージで優勝しました。

249.1kmのステージは、ビエルゾンが5つの分類された登りを通過し、ル・クルーゾで終了することから始まりました。モホリッチと黄色いジャージのファンデルポール(アルペシン-フェニックス)を含む約30人のライダーの初期のブレイクアウェイが形成されました。プロトンはブレイクに大きなギャップを生じさせ、6分以上のアドバンテージを持ってレースの有力候補タデイ・ポガチャル(UAEエミレーツ)にプレッシャーをかけました。Cote-de-Glux-en-Glenneと残り70kmで、モホリッチとヴァンモア(ロットソウダル)が攻撃し、残りのプロトンから1分以上のギャップを保ちました。

ツールドフランス2021–第108版–第7ステージビエルゾン–ルクルーゾ249,1 km – 2021年2月7日–マテイ・モホリッチ(SLO –バーレーンヴィクトリアス)–photo Luca Bettini/BettiniPhoto©2021

最後の10kmで、休憩はモホリッチを追いかけ始めました。しかし、彼の強力なダウンヒルスキルは彼と集団の差を広げ、ヴァンモアを落とし、ツールドフランスで彼の最初のステージでの勝利を収めました。マテイは、すべてのグランドツアーでステージを獲得しました。彼はまた、水玉のジャージに移動し、最も戦闘的なライダーを授与されました。

ツールドフランス2021–第108版–第7ステージビエルゾン–ルクルーゾ249,1 km – 2021年2月7日–マテイ・モホリッチ(SLO –バーレーンヴィクトリアス)–photo Luca Bettini/BettiniPhoto©2021

モホリッチ:「信じられない!私の足は最後の20キロで叫んでいました、しかし私はそれらに耳を傾けませんでした。世界最大のレースであるツール・ド・フランスだったので、これは私の最高の勝利でした。私はブレイクアウェイを通してそれを行い、最高のライダーの何人かを打ち負かしました。

今日は水玉ジャージを目指して戦い、5ポイントを獲得しました。それから、お互いを見て、ステージに勝つことができると期待していました。そして、これをナショナルチャンピオンジャージを着て行うことは、私にとってさらに特別なことです。」

PAGE TOP