MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
オンラインショップはこちら

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

モホリッチがツアー・オブ・スロベニアのステージ2で2位、バウハウスがポイントジャージをキープ

スロベニアの第2ステージはジャレツで始まり、丘陵のシュタイエルスカ地方を147 km走り、2回のカテゴリー2の登りと3回の中間スプリントを行い、ツェリェの丘の頂上フィニッシュで行われました。この日の戦略は、チームバーレーンヴィクトリアスのライダー、マテイ・モホリッチにとって良い位置で最後から2番目の登りに到達することでした。マテイは彼のテンポで下り坂に乗ってチェイサーを捕まえることができましたが、今日の勝者タデイポガチャル(UAEチームエミレーツ)までは捉えることができず、2位になりました。

マテイはレース後、次のようにコメントしています。

「今日のステージの終盤は、土砂降りのために非常に厳しいものでした。これにより、最後から2番目と最後の登りがさらに困難になりました。最後から2番目の登りを開始する前に強いペースを指示したため、グループが少なくなったので、自分のペースで走り、トップのチェイサーグループとのつながりをつかむことができました。タデイ・ポガチャルは強すぎて、手の届かないところにいました。私はすでに差をつけるために降下していましたが、UAEチームの他の3人のライダーはその違いを排除し、最終スプリントでなんとか2位に到達しました。これはこのステージで到達できる最高のものでした。私たちはこのポジションを守り、ノボメストで表彰台に上がるよう努めます。」

スポーツディレクターのゴラズド・シュタンジェリは、次のように述べています。私たちのライダーは素晴らしい仕事をしました、マテイは3秒差まで追い上げました。そしてフィルは彼のジャージのためにポイントを取りました。結局、予想以上の成果を上げました。10位以内を期待していると選手に言っていたので、2位の結果には満足しています。タデイが目立っていて、その後は2位争いが続いた。マテイは戦術的に完璧で、可能な限り最高のものを持ち帰りました。」

第27回ツアーオブスロベニア2021第2ステージでポイントジャージを獲得したBAHRAIN VICTORIOUSのフィル・バウハウス photo:Vid Ponikvar / Sportida

PAGE TOP