MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
MERIDA SHOP

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

フィル・バウハウスがツアー・オブ・スロベニアのステージ1で優勝

ツアー・オブ・スロベニアのオープニングとなる 151.5 キロのステージで、フィル バウハウスとチームメイトは、チーム バーレーンヴィクトリアスの強さを示しました。レースはプトゥイから始まり、ライダーは丘陵地帯のシュタイエルスカからロガシュカ・スラティーナまで移動しました。チーム バーレーン ヴィクトリアスは、フィニッシュのテクニカル スプリントの数キロ前にヤン トラトニクの助けを借りて捕まえた7 人のライダーのブレイクアウェイを管理し、レースを最初からコントロールしました。

バウハウスはこの勝利を大いに喜びしました

「ゴールまで残り700メートルのところにある環状交差点で前に立つことがカギだった。今日のチームは素晴らしい仕事をした。私たちは常に最前線にいて、レースをコントロールしていた。優れたポジションでフィニッシュでき、スプリンターとしてこれ以上の満足はありませんでした。

チームはとても強かった。レースの最初から私たちが主導権を握りました。チームメイトは私のために完璧なリードアウトをしてくれたので、とても誇りに思います。そして、私は今日も彼らのために勝利を収めました。この後の数日間は、レースに勝つチャンスがまだあります。私たちのチームがどれだけ強いかを見せれるように、より多くの勝利を期待しています。」

2021 年 6 月 9 日 第 27 回ツアー・オブ・スロベニア 第 1 ステージの後のトロフィー セレモニーで、勝者フィル バウハウスを祝います。写真: Vid Ponikvar / Sportida

スポーツディレクターのゴラズド・シュタンゲリ は、今日の勝利について次のようにコメントしています

「ブレイクアウェイが決まるまで長い時間と回数が必要でした。最初からコントロールするのが難しかったが、今日はたった2人のライダー、私たちのチームのケビンとUAEのチームから1人だけがすべてを引っ張った。最終的に、我々はヤンを送り込んでギャップを縮め、選手たちは最後の 3 km まで完璧な仕事をしてくれました。リードアウトも完璧以上のものでした。これは本当に理想的だったと思います。」

2021年6月9日 第27回ツアー・オブ・スロベニアの第1ステージのプトゥイとロガスカ・スラティーナ(151,5 km)のレースの後、トロフィーセレモニーでグリーンジャージを着た勝者フィル・バウハウス 写真: Vid Ponikvar / Sportida

PAGE TOP