MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
MERIDA SHOP

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

バーレーン・ヴィクトリアス、第27回ツアー・オブ・スロベニアに参戦

昨年のキャンセルとなった、スロベニアで最大のサイクリングイベントが戻ってきます。第 27 回ツアー・オブ・スロベニアのサイクリングレースは、6月9日から6月13日まで、5 つのステージで数多くの新しいルートと目的地で開催されます。 
グリーンジャージの争奪戦はプトゥイで始まり、ノボメストで終わります。ライダーは 5 日間で 803.7kmを走ります。第27回大会には 2 つのハイライトがあります。1 つはツェリェの城への上り坂で、もう 1 つはクイーンステージのSveta Goraへの上り坂です。

ゴラズド・シュタンゲリはレース前に次のようにコメントした。

「総合を争うライダーにとって、ステージ 2、3、4 は適しています。スプリントでのフィル バウハウスの良い結果を期待しています。マテイはすべてのステージをチェックしました。GCの決定的な日は、土曜日のSveta Goraでのステージです。毎年のように、いわゆる「ホームレース」に大きな期待を寄せています。水曜日からのスタートが楽しみです。

第 1 ステージのプトゥイ – ロガシュカ スラティーナは、スプリンターにチャンスをもたらします。私たちはフィル・バウハウスをサポートし、彼がスプリントに向けてリードするための可能な限り最高の条件を提供できるようにします。目的は、ステージを制して勝利し、リーダーのジャージを手に入れることです。第 2 ステージのジャレツ – ツェリェの城への登頂はレースのハイライトの 1 つであるツェリェで、総合優勝の主な候補者を示します。非常に変化に富んだ第 3 ステージ、ブレージツェ – クルシュコは、要求が高く複雑なフィナーレが予想され、パンチの効いたオープンな戦略で、集団のコントロールが難しくなります。両方のステージの目的は、フィナーレに向けて積極的にレースをすることです。

決定的な日はクイーン ステージで、最後の 15 km でラヴニカ (3.2 km、平均上昇率 9.5%) に急上昇し、短い下りの後にフィニッシュとなる有名なSveta Goraへ。ツアー・オブ・スロベニアの最終日である日曜日、第5ステージはリュブリャナから始まり、伝統に従い、メイングループの集団スプリントが予想されるノボ・メストで終わる。1stステージと同様、これはフィル・バウハウスにとってチャンスです。」

マテイ・モホリッチは、ジロで落車した後、幸いなことに重大な怪我には至らず復帰します

「ジロでのクラッシュから完全に回復しました。ツール・ド・フランスの前の最終準備としてツアー・オブ・スロベニアに出場します。再びレースをすること、そして自分自身を他の人と比較する機会を持つことを楽しみにしています。ホームのファンの前でレースをすることは、さらなるモチベーションになります!」

出場ライダー:フィル・バウハウス、ハインリッヒ・ハウッスラー、ケビン・インケラー、ジョナサン・ミラン、マルセル・シーベルグ、マテイ・モホリッチ、ヤン・トラトニク

PAGE TOP