MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
MERIDA SHOP

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

マーク・パドゥン、ドーフィネのクイーン・ステージでワールドツアー初勝利

マーク・パデュンは、クリテリウム デュ ドーフィネのステージ 7 でワールドツアー初勝利を収め、ラ プラーニュで印象的な登りを見せました。ジャック・ヘイグもまた、ステージ4位でフィニッシュし、GC でトップ 5 に躍り出る強力なパフォーマンスを発揮しました。

クイーン ステージは GC の決定的な戦いになるように設定されており、ライダーは 2 度のカテゴリー山岳を含む獲得高度3,980 メートルのコースでした。早い段階で形成されたブレイクアウェイにマルコ・ハラーが乗っていました。ブレイクアウェイは、ペロトンを減らして残り約10キロの最後の登りまでなんとか距離を保ったがその後捉えられるとリッチー・ポート (イネオス・グレナディア) のアタックが GC の戦いの火付けとなった。マーク・パドゥンはセブ・クス (ジャンボ・ビスマ) とエンリク・マス (モビスター) と共にポートのアタックに反応した。パドゥンとクスは、他の二人を残して先に進んだ。ゴール前まで両者の戦いが続くように見えたが、パドゥンはもう一度アタックをし、クスを置き去りにして単独でトップを走り続け、ラ・プラーニュで勝利を収めた.

マーク・パドゥン:「私にとって信じられないほど素晴らしい瞬間です。まず第一に、これは私の最初のワールドツアーでの勝利であり、ドーフィネの最も難しいステージの 1 つであり、誰もがとても速く進んでいます。

また、昨日までの6ステージはレース中の調子が悪く、完走は無理かと思っていましたが、今日は1位で到着しました。フィニッシュラインを越えた時、もう夢から目が覚めなきゃいけない気がしたけど、夢じゃなかった。

クリテリウム・デュ・ドーフィン 2021 – 第73版 – 第7ステージ サン・マルタン・ル・ヴィヌー – ラ・プラーニュ 171,1 km – 05/06/2021 – マーク・パドゥン (UKR – バーレーン・ヴィクトリアス) – ジャック・ヘイグ (オーストラリア – バーレーン・ヴィクトリアス) – 写真 ダリオ・ベリンゲリ/ベッティーニ写真©2021

集団に残っていた20名の選手と一緒に到着するかもしれないと思っていましたが、リッチー・ポートがアタックしたとき、グループにリーダーのジャック・ヘイグがいたので、ギャップを縮めようと動きました。4人のライダーとギャップがあるのを見て、彼らはテレビで見ている母親のために私を見せてくれるかもしれないと思い、私は攻撃しました.

そのあと、私とセップス・クスだけになり、さらにクスがドロップするのを見たとき、私は最後まで全力で走り、誰にも捕まらないことを願った。 私を信じてくれたチームに感謝します。」

クリテリウム・デュ・ドーフィネ 2021 – 第73版 – 第7ステージ サン・マルタン・ル・ヴィヌー – ラ・プラーニュ 171,1 km – 05/06/2021 – マーク・パドゥン (UKR – バーレーン・ヴィクトリアス) – 写真

PAGE TOP