MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
MERIDA SHOP

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

ダミアーノ・カルーゾがジロ・デ・イタリアのステージ20で初優勝し、GCで表彰台の地位を固めた

ダミアーノ・カルーゾはジロ・デ・イタリアのステージ20でグランドツアー初勝利を収め、さらにGCでも2位を獲得し、ミラノの30kmの個人タイムトライアルを前にライバルたちからタイムを奪いました。

164kmのステージはベルバニアから始まり、4,200mの高度上昇にもかかわらず、カルーゾとビルバオは、パッソ・ザン・ベルナルディーノの最初の登りの下りで攻撃し、チームDSMの動きに乗った。 ビルバオは、残り 50 キロから、カルーソが GC のライバルから距離を稼ぐのを助けるために素晴らしい努力をしました。

Giro d’Italia 2021 – 104th Edition – 20th stage Verbania – Valle Spluga – Alpe Motta 164 km – 29/05/2021 – ペリョ・ビルバオ (ESP – バーレーン ヴィクトリアス) – ダミアーノ・カルーゾ (ITA – バーレーン ヴィクトリアス) – 写真 Luca Bettini/Bettini ©2021

残り 6 km のアルペ モッタに到達したカルーゾは、ビルバオの背中を軽くたたいて彼の仕事に感謝し、逃げにはロマン・バルデ (チーム DSM) だけが残った状態で、ステージでの勝利を目指して戦う準備を整えました。イネオス・グレナディアーズの強力な追い上げで、フィニッシュまでの最後の数キロで40秒あったギャップが縮まり始めました。それでも、カルーゾは力を見せ、バルデを引き離し、ステージ勝利を収め、マリアローザとの差を 24 秒縮めました。

Giro d’Italia 2021 – 第 104 版 – 第 20 ステージ ベルバニア – ヴァッレ スプルーガ – アルペ モッタ 164 km – 2021 年 5 月 29 日 – ダミアーノ カルーゾ (ITA – バーレーン ヴィクトリアス) – photo Luca Bettini/BettiniPhoto©2021

ダミアーノ・カルーゾはグランドツアー初のステージ優勝ができて喜びました。

「私の仲間と私は素晴らしい方法で逃げに乗り、それを最大限に活用し、最後ではそれは魔法のようでした。当初、逃げに乗るのは計画されていませんでした。サンバーナーディーノからの下りで、チームDSMがペースを上げているのを見て、私とペリョ・ビルバオは、先行することが良い戦略になると考えたので、彼らに付いていくことにしました。結局、それは勝利に繋がる動きでした。ペリョが離れる前に、私は彼が素晴らしい仕事をしてくれたことに感謝した。

フィニッシュライン前の最後の数メートルで、自分の犠牲してきたこと、トレーニング、チームメイトのすべての仕事について、何千ものことを考えました。今日は模範的な方法で勝利に乗りました。特にペリョ・ビルバオは素晴らしい仕事をし、彼はこの勝利で重要な役割を果たしました。今日、私は夢を実現しました。私は世界一幸せな男だと思います!

5人でこれをやろうと思った。少なくなったチーム全体で何ができるかは誰にもわかりません。今日はとてもいい乗り心地でした。この勝利の 70% はペリョのためのものです。「チャンピオン」として勝ったわけはありませんが、今日はチャンピオンのような一日を過ごしたと言えます。

Giro d’Italia 2021 – 第 104 版 – 第 20 ステージ ベルバニア – ヴァッレ スプルーガ – アルペ モッタ 164 km – 2021 年 5 月 29 日 – ダミアーノ カルーソ (ITA – バーレーン ヴィクトリアス) – photo Luca Bettini/BettiniPhoto©2021

PAGE TOP