MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
MERIDA SHOP

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

宇都宮ブリッツェン 増田成幸選手が『2021 Tour of Japan』第1ステージで優勝!

2021年5月28日(金)に開催されました『2021 Tour of Japan』の第1ステージとなる「富士山ステージ」にて宇都宮ブリッツェンの増田成幸選手がふじあざみラインの登りを制し、ステージ優勝を飾りました!

宇都宮ブリッツェンからのチームレポートも届きましたので、下記にてご紹介。

UCI公認国際自転車ロードレース『2021 Tour of Japan』1st/富士山ステージ
2021年5月28日(金)、UCI公認国際自転車ロードレース『2021 Tour of Japan』第1ステージとなる、「富士山ステージ」が開催。
本大会には全15チーム、計74名が参加。宇都宮ブリッツェンからは 増田成幸、西村大輝、小野寺玲、中村魁斗、小嶋渓円 の5名が参加しました。
レース後半、ふじあざみラインの厳しい登り坂を制した増田成幸選手が優勝、第1ステージ王者となりました。

本大会は本来であれば8日間8ステージに渡る国内最大級のステージレースだったが、本年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、3ステージでの縮小開催となった。
本コースは、富士スピードウェイ西ゲートをスタートし東京五輪タイムトライアルでも使用される周回コースを4周し小山町須走支所からふじあざみラインをのぼり、富士山5合目をゴールとする総走行距離78.8㎞、獲得標高2,602mのコースレイアウト。

レース序盤、周回コースでは草場啓吾、大前翔(愛三工業レーシングチーム)、渡邊翔太郎(那須ブラーゼン)、安原大貴(マトリックスパワータグ)、孫崎大樹(スパークルおおいた)、小出樹(京都産業大学)6名の選手が先行し逃げ集団を作る。宇都宮ブリッツェンはメイン集団前方でコントロール。周回コースを終えるころには先頭は草場、渡邊、安原の3名に絞られたが、富士山5合目への登坂「ふじあざみライン」へ向かうところで
メイン集団が逃げ集団を吸収した。
個々の実力が試される長い登坂区間で、15名ほどの先行集団ができる。残り6㎞地点のあたりからトマ・ルバ(キナンサイクリングチーム)と増田の2名がアタック。トマとの一騎打ちを見事制し、増田成幸が見事優勝!個人総合時間賞・山岳賞2つのリーダージャージを獲得しました。

■リザルト
01位 増田成幸/宇都宮ブリッツェン 2:35:52
02位 トマ・ルバ/キナンサイクリングチーム 2:36:03(+0:11)
03位 山本大喜/キナンサイクリングチーム 2:36:36(+0:44)
04位 フランシスコ・マンセボ・ペレス/マトリックスパワータグ 2:37:16(+1:24)
05位 伊藤雅和/愛三工業レーシングチーム 2:37:54(+2:02)

15位 西村大輝 2:41:32(+5:40)
34位 小野寺玲 2:51:37(+15:45)
48位 中村魁斗 2:56:16(+20:24)
49位 小嶋渓円 2:56:51(+20:59)

■リーダージャージ
個人総合時間賞 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)
ポイント賞 草場啓吾(愛三工業レーシングチーム)
山岳賞 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)
新人賞 留目夕陽(日本ナショナルチーム)

※正式なリザルト、リーダージャージについてはTOJ公式ホームページをご確認ください。

■増田成幸選手コメント
今日は思い描いた展開でレースができましたし、優勝という目標を達成できたので良かったです。序盤からチームみんなが集団をコントロールしてくれて、ブリッツェンにとって有利な展開を作ってくれたので、仲間に感謝しています。TOJはあと2日間の結果で総合優勝が決まるので、しっかり気を引き締めてチーム一丸となって挑みます。引き続き応援よろしくお願いいたします。

■清水監督コメント
レース前半からチーム全員でしっかりうごいて、ふじあざみラインまで行くことができ、増田選手の優勝への道をつないでくれました。 増田選手自身の実力はもちろんですが、チーム全員で掴み取った勝利だと思います。 TOJはまだあと2日間ありますが、明日も強力なチームがレースを動かしてくると思うので厳しい戦いになると思いますがチームメイト全員で頑張りたいと思います。

2021シーズンも宇都宮ブリッツェンへのあたたかいご声援、何卒よろしくお願い申し上げます。

宇都宮ブリッツェンHP

 

PAGE TOP