MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
MERIDA SHOP

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

ヤン・トラトニクは、Mt.ゾンコランでの勝利へ目前まで迫り、ダミアーノ・カルーゾは、ジロ・デ・イタリアのGCで3位を維持

ヤン・トラトニクがモンテ・ゾンコランで、勝利を収めようとすると誰が予想したでしょうか。このスロベニアのライダーとロレンツォ・フォルトゥナート(エロコメタサイクリングチーム)は、このジロの象徴的なステージを最後まで魅力的にしました。二人のライダーは、ゾンコラン登山の入り口で分割されたその日のブレイクアウェイの一部でした。トラトニクは、残り約10 kmで最初に攻撃し、フォルトゥナートだけがトラトニクとのギャップを埋めることができました。その後、残り2.5 kmで、ジロデビューのイタリア人選手の決定的な加速により、彼は伝説的な優勝を獲得しました。ヤン・トラトニクは26秒差の2位でフィニッシュしました。

ヤン・トラトニクにとって、レースリーダーを追いかけていた最後の数キロは、ゾンコランの急で残忍な斜面(最大27%の勾配)が、長く終わらないように感じました。過酷な条件下での疲れ果てたステージの後、彼はレースを振り返り、コメントしました。

「確かに、それは私の人生で最も長く感じた3キロでした。とても厳しく、それは終わりのない物語でした。ずっと前にライバルが見えていましたが、それは今日最強のライバルでした。そうでなければ、私はフォローしたかったのですが、もう力がありませんでした。チームとして、ブレイクアウェイに乗るつもりはなく、私たちの戦術は前に出て、GCであるダミアーノ・カルーゾの安全を守ることでした。たまたま私は適切な場所に適切なタイミングでいて、ステージ勝利を狙えるポジションに入ったので、そこからはすべてを捧げました。」 

ジロ・デ・イタリア2021 –第104版–第14ステージチッタデラ–モンテゾンコラン205 km – 2021年5月22日–ダミアーノ・カルーゾ(ITA –バーレーンヴィクトリアス)– photo Dario Belingheri/BettiniPhoto©2021

チームバーレーンヴィクトリアスにとっては良い日でした。トラトニクのエキサイティングな走りに加えて、チームはキャプテンのダミアーノカルーゾの素晴らしい走りに喜んでいました。イタリア人ライダーはトップ10の結果を出し、何よりも残酷な日に総合3位を維持しました。 

ダミアーノ・カルーゾ:

「これらの急な勾配は私には合いません。それにもかかわらず、私は状況をコントロールすることができました。自分のペースで登るのが一番良かったと思います。ゾンコランの向こう側の登りに直面したことは一度もありませんが、このようなものであれば絶対に乗らないことを望んでいます。それはその評判の上昇の価値があります。間違いない”。

エガン・ベルナル(イネオスグレナディアーズ)はマリアローザを維持し、最後の数百メートルでサイモン・イェーツ(チームバイクエクスチェンジ)からの攻撃に抵抗を示しました。イェーツはGCで1:33差の2位につけ、ダミアーノ・カルーゾはベルナルから1:51秒遅れて3位を維持しました。

PAGE TOP