MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
MERIDA SHOP

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

ジロ・デ・イタリアの砂埃舞うステージのあと、ダミアーノ・カルーゾは総合成績で3位に浮上しました。

未舗装区間を走るペリョ・ビルバオ選手(左)とダミアーノ・カルーゾ選手(右) BettiniPhoto©2021

 

スイス人ライダーのマウロ・シュミット(チームクベカアソス)が、ペルージャからモンタルチーノまで162kmのジロ・デ・イタリアのステージ11で優勝しました。

11人のライダーの序盤でのブレイクアウェイから始まり、アレッサンドロ・コーヴィ(UAEチームエミレーツ)とハーム・ファンフック(ロットソウダル)はそれぞれ2位と3位でフィニッシュしました。

ダミアーノカルーゾペリョ・ビルバオは、今日のチームバーレーンビクトリアスの主役でした。ダミアーノ・カルーゾは、彼のチームメート全員、特にペリョ・ビルバオから、適切なタイミングで大きなサポートを受けました。ビルバオは、グラベルセクションで適切なタイミングで彼を見守っていました。それから彼は、ダミアーノがGCで4つポジションを上げ、3位にマリアローザ争いのグループでポジションを維持するためにダミアーノをサポートしました。

チームイネオスグレナディアーズはステージ全体でプロトンをリードし、マリアローザを保有しているエガン・ベルナル(イネオスグレナディアーズ)のために一生懸命働いていました。

ジロ・デ・イタリア2021 –第104版–第11ステージペルージャ–モンタルチーノ162 km – 19/05/2021 –ダミアーノカルーソ(ITA –バーレーンヴィクトリアス)–写真Dario Belingheri / BettiniPhoto©2021

ダミアーノ・カルーゾは、フィニッシュ後に、今日のレースを振り返りました。

「今日はこのジロで重要なステージだったので、この結果について私はとても幸せです。今日はタフで複雑なものでした。レース終盤にマリア・ローザ(エガン・ベルナル)が集団からアタックしたとき、私は彼についていくことができなかったけれども、私は気分が良かった。とにかくいいレースをしたと思います。スタッフもライダーもチーム一同、心より感謝しています。さあ、ステージを取り戻す時が来ました。この後、私たちを毎日見るでしょう。ただ、レース中は落ち着いておく必要がありますが、現時点では、元気に回復することだけを考えたいと思います。」

ジロ・デ・イタリア2021 –第104版–第11ステージペルージャ–モンタルチーノ162 km – 19/05/2021 –ペリョ・ビルバオ(ESP –バーレーンビクトリアス)– photo Luca Bettini/BettiniPhoto©2021

ペリョ・ビルバオはレースを通してチームキャプテンを保護し、支援していました。「私が初めて「ストラーデビアンケ」を走ったときのような感覚をこの白い道で感じました。自分の好きなレースになったことは認めざるを得ませんが、今日は砂利道を走るのが本当に楽しいという確認を得ました。大変な一日でしたが、素晴らしい仕事をしてくれたダミアーノと一緒に解決しようとしました。私たちはレースを行い、可能な限り最善の方法で状況をコントロールしました。」

PAGE TOP