MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
MERIDA SHOP

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

ジーノ・マーダーがジロのステージ6でグランツール初勝利を収める。

昨日のステージ5でミケル・ランダを失ったショックの後、今日のチームバーレーンビクトリアス、ジーノメーダーがブレイクアウェイから勝利し、運命を変えまし

160 kmのステージは、Grotte di Farassiで始まり、SanGiacomoの頂上で終わりました。ジーノ・マーダーとマテイ・モホリッチを含む5人のライダーの早い段階でのブレイクアウェイは、エースを失った厳しい状況を打開すべくチームが選択したプランでした。

ジーノは、モホリッチの多大な支援を受けて、他の2人のライダーと一緒にステージの最後の登りに入るタイミングまで、クリアな状態を保つことができました。残り3.5kmで、ジーノは勝利を目指して攻撃を開始しました。GCを争うライバルとジーノのギャップは、ライバルたちがペースを上げてステージでの勝利を狙い始めると縮まり始めました。時間が経つにつれ、パリ〜ニースのステージ7での出来事のリピートが恐れられましたが、今回はジーノの調子も良く、勝利を収めました。

ジロ・デ・イタリア2021 –第104版–第6ステージグロッテディフラサッシ–アスコリピチェノ160 km – 2021年5月13日–ジーノ・マーダー(SUI –バーレーンヴィクトリアス)–photo Luca Bettini/BettiniPhoto©2021

ダミアーノ・カルーゾもマリアローザ争いにとどまり、総合成績で7位になりました

ジーノ・マーダーの勝利はまた、最高のクライマーのリーダーとしてマリア・アズーラをもたらしました

「昨日は、クラッシュのためにミケルを失う本当に悲しい日でした。ただ、ミケルをアシストする役割がなくなったので、今日はいくつかの新しい目標がありました。だから積極的にレースしたかった。私たちはブレイクアウェイに行きたかったので、その日のブレイクアウェイでマテイ(モホリッチ)と一緒にいました。彼は信じられないほどの仕事をしました、そして彼は私を信じました。彼は昨日すでに私を信じていて、このステージはあなたが勝利を収めるステージだと私に言いました。それが報われ、今日このようにステージを終えることができて本当にうれしいです。

 実際、私が過去のレースから学んだことは、私が最強でないなら、何かをするチャンスを得るためにブレイクアウェイに行かなければならないということです。他の人のレースの仕方に影響を与えることはできないので、勝利を収めるチャンスがあればすぐに仕掛け、フィニッシュラインまで行かなければなりません。私が影響を与えることができる唯一のものは自分の力、スピードなどであり、集中し、そして他の人について考えてエネルギーを失うことではありません。

 今後のステージについては、今日のバスで話し合いました。積極的にレースを続け、チャンスをつかみ続け、またブレイクアウェイに参加できるのであれば、ぜひ挑戦していきたいと思います。チームメイトのために働く必要があるなら、もちろん働きますが、同時に楽しみたいです。私にとって世界で最も美しいレースであり、いつも夢見ていたレースです。私はこの素晴らしい機会を楽しみ、それを最大限に活用し、チームバーレーンビクトリアスのために達成することができます。」 

ジロ・デ・イタリア2021 –第104版–第6ステージグロッテディフラサッシ–アスコリピチェノ160 km – 2021年5月13日–マテイ・モホリッチ(SLO –バーレーンヴィクトリアス)–ジーノメーダー(SUI –バーレーンビクトリアス)–ジュリオ・チッコーネ(ITA –トレック–セガフレード)-ダリオ・カタルド(ITA –モビスターチーム)–photo Dario Belingheri/BettiniPhoto©2021

マテイ・モホリッチ;

昨日ミケルに起こったことの後、私たちは今日、私たちが強くなっているという主張を証明することを決意しました。このジロは順調です。今日はジーノがブレイクアウェイに出てステージを勝ち取る日でした、そして私は彼を助けるためにそこにいました。アドバンテージをできるだけ大きく保つために、私はできる限り一生懸命働きました。結果として、チームイネオスが後ろで働いていたとしても、ジーノが先頭でステージを終えることができるほど大きなアドバンテージを得ることができました。私たちはこれを非常に誇りに思っています。今日は完璧なチームワークでした。このジロでもっと成功すると確信しています。また、次のステージも楽しみにしています。」

ジロ・デ・イタリア2021 –第104版–第6ステージグロッテディフラサッシ–アスコリピチェノ(サンジャコモ)– 13/05/2021 –ダミアーノ・カルーゾ(ITA –バーレーンヴィクトリアス)–写真Dario Belingheri / BettiniPhoto©2021

ダミアーノ・カルーゾは、新しいマリアローザのヴァルター・アッティラ(Groupama- FDJ)と39秒の差で、全体で7位に上昇しました。

「私たちはこのステージで積極的に動きました。ブレイクアウェイに2人のメンバーを送りました。そしてまた、後ろでも、私たちはかなり良かったです。今日の勝利にとても満足しました。チームにとって最高のプレゼントであり、パフォーマンスも非常に良かったし、今の状態はとても良いと思います。これまでの私のキャリアの中で最高の日です。私たちは連携し、昨日抱えていた不運や問題を解決します。私はまだすべてが順調に進んでいると確信しています。この調子でミラノまで行きます。」

PAGE TOP