MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
MERIDA SHOP

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

ペリョ・ビルバオはツアー・オブ・ジ・アルプスで総合2位を獲得!

リーヴァデルガルダ(イタリア)で終了した5日間のステージレース「ツアー・オブ・ジ・アルプス」ではたくさんの感動がありました。
チームバーレーンビクトリアスのリーダーであるペリョ・ビルバオは、ステージで勝利し、総合成績でも2位を獲得するために、一連のエキサイティングな動きでレースに火をつけました。

第5ステージ(バレデルChiese、Idroland -リーヴァデルガルダ120.9キロ)は、パッソデュロンからテンノ湖、そして、スリリングな最後の20キロの周回を2回繰り返すレイアウトでした。

ハーマン・ペーンシュタイナーがこの日のブレイクアウェイにも参加し、そこからグロスシャルトナー(ボーラハンスグローエ)が最終サーキットの登りをクリアして、ロシュ​​(チームDSM)とデマルキ(チームDSM)に先んじてリーバデルガルダでソロ勝利を収めました。イスラエルスタートアップネイション)、ブレイクアウェイの両方の生存者。ペリョ・ビルバオを含むGCライダーのグループは、40秒ほど手遅れました。マーク・パデュンもそのグループの一員であり、フィニッシュラインでトップ10の結果(9位)を獲得しました。

ツアー・オブ・ジ・アルプス2021–第5ステージヴァッレデルチーゼ/イドロランド–リーヴァデルガルダ120,9 km – 23/04/2021 –マークパデュン(UKR –バーレーンヴィクトリアス)–写真Dario Belingheri / BettiniPhoto©2021

ペリョ・ビルバオは総合2位を獲得しました。ワンステージ優勝とGC表彰台という目標を達成しました。今日は、このトリッキーでリスクの高い最終日は順位を守る日でした。しかし私たちはブレイクアウェイにいて、ステージのために戦うことを試みたかったのです。でも今日は大変でした。とにかく、ペーンシュタイナーのブレイクアウェイは大変スーパーな働きでした。
私はチームメートの一人一人を称賛することしかできません。彼らと一緒に、そして彼らのためにレースをすることは喜びでした、そしてすべてがここで本当に素晴らしかったです。素晴らしい経験でした。これで、ジロの準備が整いました。」

ツアー・オブ・ジ・アルプス2021–第5ステージヴァッレデルチーゼ/イドロランド–リーヴァデルガルダ120,9 km – 23/04/2021 –サイモンイェーツ(GBR –チームバイクエクスチェンジ)–ペリョ・ビルバオ(ESP –バーレーンヴィクトリアス)–アレクサンドルウラソフ(RUS –アスタナ–プレミアテック)–写真Dario Belingheri / BettiniPhoto©2021

チームバーレーンヴィクトリアススポーツディレクターのフランコペッリゾッティは、レースの結果に満足しています。ステージ優勝、総合2位、そして今日はトリッキーな最終パートでポジションを失ったが、パデュンが9位。結果にとても満足しています。」

チームバーレーンヴィクトリアステクニカルディレクターのウラディミルミホルジェビッチも、このレースについての考えを共有しました。ここでのレースの仕方は、すべてのレースへの参加を目指している一例です。ペリョの勝利後に私たちが昨日経験した感情は私たちが生きているものであり、私たちは一生懸命働いています。彼の勝ち方は素晴らしく、バイクに乗る上での彼の素晴らしいスキルを示していました。彼は、すべての人、他のライダー、ファン、チームメイト、そしてスタッフを感動させるのに十分勇敢でした。私たちは幸せであり、何よりも、ジロ・デ・イタリアへの良い軌道に乗っていると確信しています。」

ツアー・オブ・ジ・アルプス2021–第45版–第5ステージヴァッレデルチーゼ/イドロランド–リーヴァデルガルダ120,9 km – 23/04/2021 –ペリョ・ビルバオ(ESP –バーレーンヴィクトリアス)–写真Dario Belingheri / BettiniPhoto©2021

PAGE TOP