MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
オンラインショップはこちら

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

ペリョ・ビルバオはツアー・オブ・ジ・アルプスで3位にジャンプアップ

ツアー・オブ・ジ・アルプスはその中間点を超え、明日のクイーンステージを含む2つのステージが残っており、最終日の前にまだ全体的な順位を揺るがす可能性があります。

今日のステージ3(Imst-Naturns、162km、標高2.950m)の後、チームバーレーンビクトリアスキャプテンのペリョ・ビルバオが3位を獲得し、GCでリーダーのサイモンイェーツ(イネオスグレナディアーズ)を1分04秒差で追います。

ツアー・オブ・ジ・アルプス2021–第3ステージイムスト–ナトゥルノ162 km – 21/04/2021 –ペリョ・ビルバオ(ESP –バーレーンビクトリアス)–写真Dario Belingheri / BettiniPhoto©2021

昨日の残念なフィナーレの後、スペイン人ライダーはハーマン・ペーンシュタイナーを含む強力なブレイクアウェイから残りの4人のライダーを捕まえるために強力なパフォーマンスを披露しました。

ペリョ・ビルバオは、ステージ3で8位になった彼の動きについての考えを共有しました。

「理論的には、今日は明日のためにエネルギーを節約するために待つ日でしたが、私は良い機会を見ました。結局、それは完璧な動きでした。昨日失った時間を取り戻して、前線で大きな一歩を踏み出すことができました。すべてのチーム、特に最後の1 kmで私をサポートするために働いてくれたペーンに感謝します。そして、ハイペースでハードなステージを終えた後、それは非常に重要でした。」

ツアー・オブ・ジ・アルプス2021–第3ステージイムスト–ナトゥルノ162 km – 21/04/2021 –アレッサンドロデマルキ(ITA –イスラエルスタートアップネイション)–ハーマン・ペーンシュタイナー(AUT –バーレーンビクトリアス)–写真Dario Belingheri / BettiniPhoto ©2021

ハーマン・ペーンシュタイナーは10位でフィニッシュし、もう1人のライダーであるマーク・パデュンはその後ろの追走グループで12位でフィニッシュしました。

明日、ツアー・オブ・ジ・アルプスはステージ4、ナトゥルンス-ヴァッレデルチーゼの168.6kmに続きます。これは、最も長く、最も困難な段階であり、全体的な高度の上昇が最も大きく、おそらくGCにとって決定的な日となります。「ペリョが表彰台を維持し、このツアー・オブ・ジ・アルプスの最終的なGC結果を改善するためにできる限りのことをします」とペーンシュタイナーは結論付けました。

ツアー・オブ・ジ・アルプス2021–第45版–第3ステージイムスト–ナトゥルノ162 km – 21/04/2021 –風景–写真Dario Belingheri / BettiniPhoto©2021

PAGE TOP