MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
MERIDA SHOP

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

モホリッチはカタルーニャの最終ステージで2位になり、コルブレッリはゲント〜ウェヴェルヘムで4位を獲得

第100回ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ、7日間のレースで1,000kmを走り、バーレーン・ヴィクトリアスにとって挑戦的な1週間でした。チームは7人の出場可能なところ、6人でレースを開始。またステージ3の後、ドメン・ノヴァクが胃腸の問題でリタイア、5人に減少しました。

それにもかかわらず、チームはカタルーニャで堅実なショーを行いました。若いライダーのサンティアゴ・ブイトラゴは、ワールドツアーのトップライダーやクライマーの何人かと直接対決しました。雪をかぶったピレネー山脈の登山とカタルーニャの道路は、アラブ首長国連邦で負傷した後のワウト・プールスにとって優れたテストとカムバックでした。ハーマン・ペーンシュタイナーとスティーブン・ウィリアムズはレースを通して良い形を見せました。

レースのハイライトは、最終ステージでマテイ・モホリッチがブレイクアウェイに乗り、トーマス・デゲント(ロット・ソウダル)に次いでステージ2位を獲得したことです。勝利であればより素晴らしかったでしょうが、2位はマテイが次のレース以降での勝利を期待させる強力な形を示しています。

スポーツディレクターのフランコ・ペッリゾッティは、レース中の改善に満足していました。すべてのメンバーは日々改善しました。GCでサンティアゴは4日間、ブレイクアウェイでも4日間過ごし、最後のステージでマテイが2位になりました。チームにとって、私たちは非常にうまくいったと思います、そして私たちは前向きな未来を見ています。

アラブ首長国連邦ツアーでのクラッシュの後にひざに大きな問題を引き起こしたワウトも完走したので、私たちは満足しています。彼はここから始めて、日々改善しました。私たちにとって、ワウトはサンティアゴにとって良いお手本だったので、チームに参加することが非常に重要でした。ワウトの改善に満足しています。彼は次のレースに向けてさらに良い状態になると思います。 

また、ハーマンは素晴らしいとは言えない状態でレースをスタートしましたが、日々改善しました。彼はまた、今日マテイとのブレイクアウェイに乗った。最後に、それは私たちのチームにとって良かったです。」

Volta Ciclista a Catalunya 2021 – 100th Edition – 7th stage Barcelona – Barcelona 133 km – 28/03/2021 – Matej Mohoric(SLO – Bahrain Victorious)– Thomas De Gendt(BEL – Lotto Soudal)–Photo:Luis Angel Gomez / BettiniPhoto©2021

マテイ・モホリッチは7日間、彼のフォームに満足していました。「ステージを勝ち取るという目標を掲げて、このボルタ・ア・カタルーニャで体調を整えました。3回もチャンスがありましたが、いつも手からすり抜けてしまいました。少しイライラしました。また今日が私に最も適していましたが、デヘントがただただ強かったです。私は彼に対抗することが何もできませんでした。アルデンヌクラシックの前のトレーニングの良い一週間でした。今後はアムステルゴールドレースとリエージュ~バストーニュ~リエージュの2つが大きな目標になります。昨年のリエージュでの4位をよりも上の順位を狙いたいと思っています。今から回復し、次のレースを楽しみにしています。」

ワウト・プールスは怪我から戻った彼の最初のレースを振り返りました。

「もう膝は問題ありませんでした。それが最も重要なことです。 私たちはチームと良い一週間を過ごしました。マテイは残念でしたが、今日の勝利に非常に近かった。確かに、彼は良い状態です。彼はシーズン中にいくつかの素晴らしい目標を達成するつもりです。個人的には良い感触で、レースを終え、帰り道にいることを嬉しく思います。 

今、私は数日間家に帰り、チームと一緒にテネリフェでの高地トレーニングキャンプに行き、それからアルデンヌクラシックに行きます。」

Gent Wevelgem 2021 – 83rd Edition – Ypres – Wevelgem 247 km – 28/03/2021 – Wout Van Aert (BEL – Jumbo – Visma) – Matteo Trentin (ITA – UAE Team Emirates) – Giacomo Nizzolo (ITA – Team Qhubeka Assos) – Sonny Colbrelli (ITA – Bahrain Victorious) – Michael Matthews (AUS – Team Bikeexchange) – photo Vincent Kalut/PN/BettiniPhoto©2021

ベルギーのゲント〜ウェヴェルヘムではソンニ・コルブレッリがスプリントフィニッシュで4位でした247kmのレースはスタートから強風と戦い、ペロトンが分割されるまでそう長くはかかりませんでした。25人のライダーのフロントグループが集団を利用し、150kmの距離で早めにブレイクアウェイを捉えました。フロントグループは50kmで9人になり、その後15kmで7人になりました。最後はフィニッシュラインへのスプリントに落ち着き、レースはワウト・ファンアールト(ユンボ・ヴィスマ)が勝利を収めて4位になりました。

ソンニはレースについてコメントしました。

「今日はゲント〜ウェヴェルヘムでの超高速で長い一日でした。自分のコンディションには満足しているが、優勝や表彰台を狙っていたので、結果にはあまり満足していない。残り50mで、足に力がありませんでした。私はこのレースに満足しており、それは私にとって重要なレースであり、今ではフランダースのツアーに集中することができます。」

PAGE TOP