MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
MERIDA SHOP

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

マルコ・ハラーがE3サクソバンク・クラシックでトップ10入り。

2021年3月26日 – E3サクソバンククラシックは、ハーレルベーケでスタートおよびフィニッシュしました。ライダーは203kmのコースでフランダースのアルデンヌを17回登り、石畳のセクションをたくさん走りました。

マルコ・ハラー、ジョナサン・ミラン、その他10人のライダーを含む最初のブレイクアウェイが形成されました。その日の最初の登りで23kmの距離を移動した後、ブレイクアウェイは3分近くのギャップを作りましたが、ペロトンはギャップを伸ばすことができませんでした。激しい横風とペロトンの前面での動きがペロトンの分裂を引き起こし、追走グループがブレイクアウェイへのギャップを縮めました。

追走グループは、最終的に70 kmの距離でブレイクアウェイをキャッチし、19人のライダーのグループを形成しました。その後、数回の攻撃の後、グループはさらに分割され、最終的にハラーは10位でフィニッシュしました。フィニッシュから4kmのアスグリーン(ドゥクーニンク–クイックステップ)からの最後の攻撃は、彼に勝利をもたらした決定的な動きであることが証明されました。

マルコ・ハラー は彼のパフォーマンスに満足していました。

「私たちは幸運にもトップ10でフィニッシュしました。早めに逃げましたが、結果的になかなかいい動きでした。最初の大きなスプリットが後ろで行われたとき、追走グループは私に駆け寄っていました、そして私は重要なセクションを生き残るために別の動きを捕まえることができて幸運でした。残念ながら、その日の最後のセクションで、私は決定的な動きを逃しましたが、トップ10を獲得することは素晴らしいことです。もちろん、いつももっと多くのことを夢見ていますが、まだいくつかのレースが来るので、その勢いを維持したいと思っています。」

E3 Saxo Bank Classic 2021 – 64th Edition – Harelbeke – Harelbeke 203,9 km – 26/03/2021 – Jonathan Milan(ITA – Bahrain Victorious)– Marco Haller(AUT – Bahrain Victorious)–Photo:Dion Kerckhoffs / CV / BettiniPhoto©2021

スポーツディレクターのロルフ・アルダグ が今日のレースの考えを述べました。

「私たちは本当に良い存在を示したと思います。私たちはもっとブレイクアウェイに人数をかけたかったのですが、2人を乗せました。今回のレースでの動きはジョナサンにとって素晴らしい体験でした、そしてマルコは彼がその日の最初のブレイクアウェイに乗り、それがすべて集団に吸収されるまで残った唯一のライダーであることを示しました。残念ながら、最後の登りは勝利のために戦うには長すぎました。しかし、全体として、10位は彼にとって素晴らしい結果であり、私たちはそれについて非常に満足しています。一方で、これらのレースで勝負を任せたかったソンニとディランには、まだ少しチャンスがありませんでした。」

PAGE TOP