MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
MERIDA SHOP

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

ミラノ〜サンレモでソンニ・コルブレッリが8位、マテイ・モホリッチが11位

サンレモ、3月20日–第112回ミラノ〜サンレモは、アドレナリンに満ちたフィニッシュとローマ通りのフィニッシュラインに向けた伝統的で特徴的な高速レースが展開されました。

チームバーレーンビクトリアスは、2人のキーライダーであるマテイ・モホリッチとソンニ・コルブレッリの両方と積極的に協力し、フロントグループで戦い、スプリントに向け集団を減らしました。

予想通り、ポッジョでの決定的となりうる動きは世界チャンピオンのジュリアン・アラフィリップによって行われましたが、彼が勝利することはできませんでした。代わりに、ジャスパー・スタイベン(トレック・セガフレード)は、攻撃するのに適切な瞬間を選び、スプリンターを阻止するのに十分なアドバンテージを維持しました。(サンレモではよくあることですが、勝者は予測不可能なものです。)

Milano Sanremo 2021 – 112th Edition – Milano – Sanremo 299 km – 20/03/2021 – Matej Mohoric(SLO – Bahrain Victorious)– Maximilian Schachmann(GER – Bora – Hansgrohe)–写真Luca Bettini / BettiniPhoto©2021

「彼らがポッジョで攻撃したとき、私たちはコルブレッリと共に追いかけようとしました、しかし、下りで私たちは集団戻されました」とマテイ・モホリッチは言います。とにかく、ソンニはスプリントで8位フィニッシュと結果を出すことができ、私も11位でした。いろいろ試しましたが成功しませんでした。

チームバーレーンヴィクトリアススポーツディレクター、アルベルト・ヴォルピは、次のように述べています。

「彼らはポッジョで攻撃したグループに追いつくためにエネルギーを費やしました、そしてそれのためにフィニッシュで戦うのに十分な強い足を残すことができませんでした。しかし、彼らは力強いパフォーマンスを発揮し、トップ10の結果を出しました。さらに、モニュメントレースでの11位は、私たちが満足できるものです。」

PAGE TOP