MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
MERIDA SHOP

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャのチームラインナップ発表

2021年3 月22日 から28日まで開催されるボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャの始まりが近づき、チームバーレーンヴィクトリアスはカタルーニャで厳しいステージに立ちます。

第100回を迎えるボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャのルートは、7つのステージにまたがって1,000km以上に広がっています。2つのマウンテントップフィニッシュにブレイクアウェイやスプリントフィニッシュなどのセクションを備えた様々なコースレイアウトは、素晴らしいレースが展開されることでしょう。

レースはカレーリャで始まり、中間スプリントが行われるトッサデマールとヴィドレレスに向かい、レギレリーの港への登りに直面します。この日の主な課題は、カレーリャに戻る前に、サンタフェデルモンセニー港を登ることです。

2日目は、エルプラデレスタニーでの18.5 kmの短いITTで、開始と終了はバニョラスにあります。平坦なルートでは、GCに大きなギャップが生じることはないはずですが、全体的な順位を形成し始める可能性があります。

第3ステージでは今大会最長となる203kmを走り、カテゴリ超級となる11.1kmの登坂でフィニッシュを迎えます。第4ステージは、2つのカテゴリ超級山岳で、最初にエルカントへ挑戦し、その後ポルトアイネーでフィニッシュという、厳しい日となります。。第5ステージはラポブラデセグルで始まり、マンレサでフィニッシュする前にハードなモントセラトをクライミングします。第6ステージにはカタルーニャのサーキットが含まれます。ライダーはタラゴナで1日をスタートし、スプリンターにとって勝利のチャンスがあるマタロで終了するまで、標高差の少ない連続した上り下りのルートをたどります。バルセロナ、特にモンジュイックの山は、ボルタの最終ステージの主人公になります。街に再び入る前に、集団はカタルーニャの首都の周りを走ります、

チームバーレーンビクトリアス スポーツディレクターのフランコ・ペッリゾッティは、チームの目標を次のように語っています。

「マテイ・モホリッチは、彼にぴったりのステージでの勝利を狙います。また彼にプレッシャーをかけることなく、最終的に良いGCポジションで終えてくれれば問題ありません。ワウト・プールスはUAEツアーでのクラッシュから戻ってきたばかりですので、あまり無理はさせません。それでも、彼は日々の成長を見せ、カタルーニャの後に素晴らしいコンディションで、次のレースに向けてより強くなると信じています。
ワウト・プールス:私は正しい方向に進んでいると信じています。クラッシュ後はトレーニングがほとんどできず2週間経って、ようやくバイクに戻りました。2016年のステージ優勝で良い思い出ができたカタルーニャに乗れることを嬉しく思います。主な目標は、自らの脚でゴールを勝ち取り、日々良くなることです。

マテイ・モホリッチ:「ボルタ・カタルーニャは今シーズンの私の最初のステージレースになります。私の目標は、ステージで勝つことです。自分に合ったステージがいくつかありますが、タイムトライアルのステージでも自分をテストしたいと思います。

ハーマン・ペーンシュタイナー:「2回の1Dayレースの後、今シーズンの最初のステージレースになります。私はカタルーニャが本当に好きです。なぜなら、それはカレンダーで最も難しい1週間のレースのひとつであり、登坂が多く、フラットなステージがほとんどないからです。トラブルのない良いオフシーズンを過ごした後、私は軌道に乗っており、長い登りで足をテストするのが待ちきれません。」

ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャのチーム・バーレーン・ビクトリアス ラインナップ: サンティアゴ・ブイトラゴ、ケビン・インケラー、マテイ・モホリッチ、ドメン・ノヴァク、ハーマン・ペーンシュタイナー、ワウト・プールス、スティーブン・ウィリアムズ。

PAGE TOP