MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
MERIDA SHOP

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

ミケル・ランダ ティレーノ-アドリアティコで表彰台を獲得

Photo:BettiniPhoto©2021

サンベネデットデルトロント、3月16日火曜日–チームバーレーンビクトリアスのライダーのミケル・ランダの総合3位。この歴史あるレースに参加した強力なメンバーの中で、チームリーダーのミケル・ランダは初日から最後のタイムトライアルまで毎ステージ戦いました。

ティレーノ-アドリアティコは、今シーズンのチームの重要な目標であるジロ・デ・イタリアへ向け準備をしているミケル・ランダにとって最初のステージレースでした。このレースは、ライダー達がジロ・デ・イタリアの前に自身のパフォーマンスをテストするレースの1つです。ランダは3月中旬にレースを始めたばかりでしたが、野心的な目標を持ってレースに参加しました。

ティレーノ海岸沿いの最初のフラットステージの後、戦いはトスカーナの丘で始まりました。有名なクイーンステージはライダーの間で時差を作り始め、ミケルはプラティディティボを登り、GCで4位を維持し、表彰台のためにライバルと対戦することに成功しました。翌日は雨と寒さで最も挑戦的なステージだったので、自信がつきました。ミケルは、彼と彼のチームメイトが今年のジロの戦いでミケルを表彰台に上げる危険な候補になることを示しました。最後から2番目のステージは簡単に見えましたが、メカトラブルのために少しストレスがありました。チームは、ランダをペロトンに戻すために協力しました。最終ステージではミケルがタイムトライアルでしっかりとした姿を見せ、GCポジションを維持しました。

ティレーノアドリアティコ2021–第7ステージサンベネデットデルトロント–サンベネデットデルトロント10,1 km – 16/03/2021 –ミケルランダ(ESP –バーレーンビクトリアス)– photo Luca Bettini/BettiniPhoto©2021

アドリア海沿岸での最後の個人タイムトライアルステージの後、ミケル・ランダは彼の成功について次のようにコメントしています。

「レースが始まる前は、他のチームにもたくさんのライバルがおり、トップ10にすら入るのは難しいかもしれないと思っていたので、表彰台でフィニッシュすることが出来たのは素晴らしいことです。雨、寒さ、そして最後の厳しいサ​​ーキットがあった、第5ステージは最も難しいステージでした。プラティ・ディ・ティーボのクイーンステージは私がこの表彰台に立つにあたり重要なステージでした。

今日は調子が良かったのですが、タイムトライアルの初めはペースが掴めませんでした。ただ、とにかく、表彰台を維持することに成功したので嬉しいです。次のレースはイツリア・バスクカントリーを予定しています。表彰台に上がることはもちろんのこと、可能であればステージで優勝することも目標としています。」

チームスポーツディレクターのゴラズドシュタンジェリは、次のようにコメントしてレースを締めくくりました。私たちの目標は高く、日々、ミケルと一緒にGCのため戦いました。それは決して簡単なことではなく、ここ数日は苦しみました。また、タイムトライアルは難しいものになる可能性がありました。しかし、結局、私たちそれを乗り越えました。1位、2位は順位変動の少ないレースでしたが、3位は僅差で争われ、チームとしてもミケルとしても初日から最終日まで素晴らしい仕事をしたことを示しました。」 。

PAGE TOP