MERIDA

  • メリダ・バイク
  • チーム・レース
  • イベント
  • ショップ
MERIDA SHOP

TEAMチーム・レース情報

←ニュース一覧へ

ヤン・トラトニク ジロ・デ・イタリア 第16ステージ独走勝利!

10月20日(火)- ジロ・デ・イタリアは2度目の休息日を終えて再開。この日はチーム BAHRAIN McLarenにとって素晴らしいステージとなりました。

 

ヤン・トラトニクは、3週間のレースで最終週の初日に訪れたチャンスを見逃しませんでした。スロベニア出身のトラトニクは、起伏の多い第16ステージ – ウディーネからサン・ダニエーレ・デル・フリウリまでの229km – でアタックを積極的に仕掛けて単独で逃げ出すと、ゴール手前の急坂で優勝を確信、自身のキャリアでもっとも大切な勝利を手に入れました。チームメイトのエンリーコ・バッタリーンもアタックに加わり、追走集団のアタックで競り勝って3位に入賞しました。

2020年ジロ・デ・イタリア – 第103回大会 – 第16ステージ ウディーネからサン・ダニエーレ・デル・フリウリまでの227 km – 2020年10月20日 – ヤン・トラトニク (スロべニア – Bahrain – McLaren) – 写真 Dario Belingheri/BettiniPhoto©2020

 

ゴール後のコメントで、トラトニクは次のようにコメントしています。

「ゴールラインを通過したときは信じられませんでした。僕自身初のグランドツアーでの勝利です。長い一日が終わり、特別な気分に浸っています。故郷スロベニアの近くで走ったこともあり、特別な日になりました。僕の恋人、兄弟、友達を含む多くのスロベニア人ファンが応援に駆けつけてくれました」。

 

「追走集団は互いに協力しきれなかったようです。エンリーコ・バッタリーンもその中を走っていました。彼がライバルたちの動きを抑えてくれたので、僕は自分のペースを保ち、マヌエーレ・ボアーロを引き離せました。最後の登りでは、全開で走れば僕に追いつける選手はいないと信じていました」。

2020年ジロ・デ・イタリア – 第103回大会 – 第16ステージ ウディーネからサン・ダニエーレ・デル・フリウリまでの227 km – 2020年10月20日 – ヤン・トラトニク (スロべニア – Bahrain – McLaren) – 写真 Dario Belingheri/BettiniPhoto©2020

 

「最終的には作戦勝ちで、脚は絶好調でした。ゴール手前の登りは自分の走りに合っていました。ベン・オコナーがアタックを仕掛けましたが、僕に追いつけるほど速そうには見えず、単独でゴールできました。自分を信じたからこその勝利だと思っています」。

2020年ジロ・デ・イタリア – 第103回大会 – 第16ステージ ウディーネからサン・ダニエーレ・デル・フリウリまでの227 km – 2020年10月20日 – エンリーコ・バッタリーン (イタリア – Bahrain – McLaren) – 写真 Dario Belingheri/BettiniPhoto©2020

 

以下はスポーツディレクターのフランコ・ペリツォッティのコメントです。

「チーム BAHRAIN McLarenにとって素晴らしい一日でした。ヤンは快勝を挙げましたが、それはチームメイトたちの支えがあったからこそ。エンリーコ・バッタリーンは3位に輝き、ペッロ・ビルバオはチームのおかげで好成績を納めました。第3週を最高の形でスタートできたと思います。」

(すべての写真は論説および非営利目的にのみ使用でき、著作権は@Bettiniphotoと@TeamBahrainMcLarenにあります)

PAGE TOP