株式会社ミヤタサイクル
文字サイズの変更
小さく
通常
大きく
メリダトップ > はじめての自転車選び > 自転車選びのポイント

はじめての自転車選び

自転車選びのポイント

POINT1:用途を決めよう!

自転車と一口に言っても、色々な目的での利用が考えられます。
通勤・通学、買い物、お散歩、サイクリング、そしてレースとさまざまです。
用途に応じて、大きく分けると、整地をスピードを出して走るのに適しているのはロードレーサー、不整地を走るにはマウンテンバイク、その中間的なクロスバイク。
置き場所に困ったり、車に積んで観光地で気軽にサイクリングするのには、ミニベロといったようにさまざまです。
まずは、どんなシーンで利用をするかを決めてみよう!

POINT2:やっぱり見た目!!

どんな自転車に乗りたいか。用途も大切ですが、なんといっても自分の好きなスタイルにあった自転車を選ぶことが、自転車ライフを楽しくさせる最も重要なポイントです。レースにでなくてもロードレーサーに乗ってる人もたくさんいます。
カッコイイなぁ!カワイイなぁと思えることが、自転車に乗るキッカケ!いったことが後悔しない自転車選びのコツです。

POINT3:サイズ!なんといってもサイズが重要!!

「サイズがあることくらい知ってるよ。タイヤのサイズでしょ?」タイヤのサイズはもちろんありますが、スポーツ車では自転車の中心部分、ひし形のパイプ部分で構成されている「フレーム」と呼ばれる部分のサイズが重要です。フレームのサイズは乗る人の身長に合わせて設定してあります。靴を選ぶ際にサイズをあわせるのと同じで、フレームのサイズが合わないと快適に乗ることができません。自分の身長にあったサイズを選びましょう。

POINT4:どこを見ればいいの?「フレームを見てみよう!」

自転車で最も重要な中心部分がフレームです。フレームは大きく3種類に分けられます。もっとも軽い素材のカーボン、軽くて丈夫なアルミ、乗り心地の柔らかいクロモリ(鉄)。 それぞれの主な特徴は、カーボンの素材は主にレースなどのシビアな走りに最適です。アルミは丈夫で軽く錆びにくくお値段もお手頃です。クロモリはカーボンやアルミに比べて、重いのすが、もっとも古くからある素材で、しなりやく、長時間の走りでも疲れにくい特徴を持っています。また、剛性が高いので、、細身のシルエットも可能になります。

POINT5:どこを見ればいいの?「変速って大変?取付けられているパーツを見てみよう」

自転車の変速って段がいっぱい着いていて難しそうだけど、どこを見ればいいのか迷ってしまいます。ギアがたくさんある方が難しい訳ではなく、色々な状況に対応できるということです。たとえば27段あるのにそんなに使うの?といった疑問をよく聞きます。フラットな平地が多い街中では、ほとんど使わないでしょう。初心者の方は急な登り坂が続いたり、峠を登ったりする場合は一番軽いギアにしても足りないと感じるかもしれません。

POINT6:知っている人に相談しよう!

よしっ!だいたい、わかった!でもやっぱり高い買い物なので、不安な面もあります。そういう場合は知っている人に聞くのが一番です。周りに自転車に乗っている人に聞いてい見ましょう。でもやはり信頼できるのはショップの店員さん。
知識がなさすぎて聞いてはいけないのでは。。。と思いがちですが、しっかりと自分のビジョンを伝えれば最適な自転車をオススメしてくれるはずです。

販売店を探す

PAGE TOPへのリンク